『ゴミの中で暮らしている』子猫たちの保護依頼!狭い隙間の中をレスキュー

子猫たち 感動

ロサンゼルスの保護団体『HOPE FOR PAWS』に、塀の隙間にゴミに埋もれている子猫たちの保護依頼が入ります。母猫は数日前にTNRによって地域猫として戻されていましたが、外の世界は子猫たちが生き抜くには過酷すぎる!

塀の隙間でゴミに埋もれて暮らしていた野良猫親子

隙間に入る女性

出典:https://nekochan.jp/column/article/15916

依頼主は野良の成猫に食べものをあげていましたが、子猫を出産したことに気づきHOPE FOR PAWに保護を依頼することにしました。

連絡を受けて現場にやってくると…そこは塀と塀の間の狭い隙間で人ひとり入り込むのがやっと。上部には鉄条網、地面には多量のゴミと、こんなところで子猫たちが生活しているのはとても危険です。

HOPE FOR PAWのメンバーが防護服を着て奥に、撮影しているリーダーは手前に入り込みます。

子猫たちを発見

固まっている子猫たち

出典:https://nekochan.jp/column/article/15916

ゴミ溜まりになっていた地面のダンボールを持ち上げてみると、5匹の子猫たちが身を寄せ合っていました。

逃げる子猫

出典:https://nekochan.jp/column/article/15916

すぐそばに人がいると気づき、1匹の子猫がこちらに走ってきますが…

子猫を捕まえる手

出典:https://nekochan.jp/column/article/15916

リーダーがすかさずキャッチ!

女性に抱え上げられる子猫

出典:https://nekochan.jp/column/article/15916

残りの子猫たちはおとなしく捕まっていきます。あっという間に5匹すべての子猫を保護することができました。

しかし、入ったはいいものの、この狭い隙間から抜け出すのも大変そう…。ロープを使い、よじ登っていきます。

子猫たちの入ったキャリーバッグを車に積んで、そのまま動物病院に直行です。

その後…

子猫たち

出典:https://nekochan.jp/column/article/15916

子猫たちは一時預かり施設に移動して、里親さんを待つことになりました。

母猫は子猫の保護を依頼した人が、避妊手術とワクチン接種を行い、再び元いた場所に放されました。(TNR)

子猫たちとは離れ離れになってしまったけれど、地域猫としてたくましく生き抜いてほしいものですね。

かわいい子猫たちの保護の様子を実際に動画でご覧ください。動画を見ることは保護活動の支援に繋がります。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws – Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

こんな記事も読まれています

訓練所に預けたら『別の犬のように凶暴化した』柴犬。敏腕トレーナーが再び訓練を試みる!

交通事故に巻き込まれ下半身が動かなくなってしまった野良猫「ギニー」は不幸をはねのけて強く生きる

子猫たち

Comment