”動物実験用”として繁殖された『ビーグル犬4000匹』を保護!飼い主探しに奮闘中

感動

動物実験用として、劣悪な環境で繁殖されたビーグル犬4000匹以上が保護されました。社会性の訓練や治療が必要です。動物保護団体が協力し「第2の犬人生」を幸せに過ごせるよう、飼い主探しを続けています。

非合法の動物実験

出典:https://www.boredpanda.com/4000-beagles-rescued-from-medical-research-facility-hsus/

企業の中には、いまだに動物実験が必要だと考えているところがあって、なかにはひそかに非合法な状態で続けているところもあります。実験に利用される動物たちは、次々と繁殖を重ねて劣悪な環境に置かれ、苦しんでいるのです。

今回ご紹介するのもそうした例ですが、幸いにも多くの命が救われました。米国の司法省から依頼された「ヒューメイン・ソサイエティ」と動物保護団体は、動物実験用に繁殖された約4000匹のビーグル犬を協力して救出しました。

劣悪な環境で繁殖

出典:https://www.boredpanda.com/4000-beagles-rescued-from-medical-research-facility-hsus/

同社は動物福祉法に違反し、繁殖を続けていました。

軽い疾病でもまったく治療を与えず、そのまま犬を安楽死させていたのです。

出典:https://www.boredpanda.com/4000-beagles-rescued-from-medical-research-facility-hsus/

子育て中の母犬に適切な餌を与えず、蛆虫や苔などに汚染された食べ物を与えていました。

この大がかりな救出作業の中、「ヒューメイン・ソサイエティ」は犬たちの飼い主探しを動物保護団体へ呼びかけています。

出典:https://www.boredpanda.com/4000-beagles-rescued-from-medical-research-facility-hsus/

今週だけで400匹以上が救出されました。すぐに引き取り家庭を見つけてリハビリを始める必要があるのです。

「犬たちの体調がどんなものか、今はわかりません。でもできるだけ幸せで健康な将来を与えてあげたいのです」

寄付金を募集中

出典:https://www.boredpanda.com/4000-beagles-rescued-from-medical-research-facility-hsus/

現在、犬たちの治療費などをまかなうため、寄付を募っています。

「ヒューメイン・ソサイエティ」ミシガン支部が市中心になって、寄付金の募集や救出活動、治療や移送などを行っています。

出典:https://www.boredpanda.com/4000-beagles-rescued-from-medical-research-facility-hsus/

その過程では、獣医やボランティア、運転できる人々の協力など、無数のマンパワーが必要なのです。寄付金は、犬たちの医療や行動矯正などのために利用されます。

この犬たちが、生まれて初めて愛情とケアを受けて暮らしていくために、みなさんからの寄付金が必要です。

第2の「犬人生」を幸せに

How to adopt one of 4,000 beagles rescued from a Virginia facility: AIR.TV
The Homeward Trails organization has a few weeks to find homes for the beagles after they were found at a facility with dozens of animal rights violations.

(以下はビデオ内の音声概要)
何千匹ものビーグル犬が、エンヴィーゴ社によって違法にケージに閉じ込められたまま実験に使われてきました。米司法当局は強制撤去に踏み切ったのです。

「最初はそんなこと、見たくも聞きたくもなかったわ。だって眠れなくなるでしょ。でも、わたしたちは救出に協力する決定をしました」というのは、アダプション・センター代表のシュベールさんです。彼女の団体は、これまで500匹に引き取り先を見つけました。残った4000匹についても飼い主を探しているところです。

「これほど大規模な出動は今までありましたか」との質問に「いいえ。国内で1ヵ所からこれだけ多数の動物を救出したのは初めてでしょう」と彼女はいいます。

ヒューメイン・ソサイエティや彼女のアダプション・センター、国内のいくつかの動物保護団体が協力しながら、犬たちの特殊な状況に対応したケアをしています。

「ビーグル犬には社会性の訓練が必要です。心が痛みます。でも同時に、初めて草の上に立ち、空気の臭いを嗅いで味わっている犬の姿を見るのは、感動的でもあります」

飼い主を見つける作業が始まっています。すでに何千人もの申し込みがありました。でも引き渡す前に、特殊な環境で育った犬に対応できる飼い主なのか、見きわめる必要があります。今後2ヵ月のうちに、すべての犬に飼い主が見つけられるでしょう。

資金も不足しています。エンヴィーゴ社に課せられる罰金だけでは、医療費の半分しかまかなえないからです。

犬たちの新しい生活が、幸せなものになってほしいですね。

出典:https://www.boredpanda.com/4000-beagles-rescued-from-medical-research-facility-hsus/

こんな記事も読まれています

猫が【エンジンの中】にいるのに走ってしまった!犬が気づいてすぐに救出

高速道路の真ん中にうずくまる子猫が!心優しいフランス人男性2人の判断、行動に称賛の声

Comment