「重度の火傷」を負い生死を彷徨う子猫を救助。そして奇跡の回復を見せる

感動

保護団体『RSPCA』は、火事に巻き込まれ重度の火傷を負って動けない子猫を発見し救助。息はありますが生死を彷徨う危険な状態から奇跡の回復を見せてくれました。

火事現場にいたのは生後6週間の子猫

出典:https://youtu.be/jBq4ry2QCJM

火事現場の鎮火直後、現場にいたのは火傷を負って動けない生後6週間の子猫でした。

子猫に息はありますが、火傷の状態はひどく生死を彷徨う危険な状態です。

出典:https://youtu.be/jBq4ry2QCJM

子猫はRSPCAが運営する救護センターに運ばれ、子猫に賢明な治療が行われました。

熱にさらされて組織の損傷が激しい子猫、目の周りの皮膚はひきつれて、どれだけ大きなダメージを受けたかがよくわかります。

自力で歩けるように…

出典:https://youtu.be/jBq4ry2QCJM

手足に包帯を巻かれていますが、センターにいる子猫に水から近寄っていけるほどに回復。

子猫は「不死鳥」の意味を持つ『フェニックス』と名付けられました。

見事に生還した子猫にピッタリの名前です。

出典:https://youtu.be/jBq4ry2QCJM

焼けてなくなっていた顔の毛も徐々に生え揃い、手足の包帯も外れました。

1年後のフェニックス

出典:https://youtu.be/jBq4ry2QCJM

フェニックスの治療は続いていますが、二本足で立ち上がり元気そうな姿を見せてくれます。

見た目がちょっとほかの猫と違うけど、おもちゃで遊んだり走り回ったりと体の機能は回復!

更に…

出典:https://youtu.be/jBq4ry2QCJM

フェニックスが火傷を負ってセンターに運ばれたときに、フェニックスを担当した女性が里親さんに!

本当によかったですね。

RSPCA UK

▼ 公式サイトはこちら
https://www.rspca.org.uk/

▼ 各種SNSも要チェック!
Facebook
Instagram
Twitter

こんな記事も読まれています

エンジンルームから子猫を救え!総出で子猫のために尽力する『優しい世界』にほっこり♡

栄養失調で「標準体重の半分」ほどしかなかった子犬は健康と共に家族も得ることができた

Comment