【走行中の車から落下!】車が行き交う道路で救出された90gの子猫『ジェド』

車から落ちた子猫 悲しい
@ myfosterkittens
スポンサーリンク

車通りの多い道路で走行中の車から落下したのは、わずか90gしかない生まれたての子猫でした。

走行中の車から落下した子猫

ラスベガスを拠点に保護活動を行うニッキー・マルチネスさんは、新たな子猫を保護したことをインスタグラムで報告。その内容はとても恐ろしく胸が痛むものでした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nikki Martinez(@myfosterkittens)がシェアした投稿


ニッキーさんの元へ運び込まれた子猫は、へその緒も乾いておらず生後36時間未満とみられその体重はわずか90g

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nikki Martinez(@myfosterkittens)がシェアした投稿


この小さな子猫は走行中の車から落下したところを心優しい女性の手によって救出されました。ニッキーさんは当時の状況について

”おそらく彼のママは、子猫を車のエンジンルームに入れて暖かく安全に保とうとしたのでしょう。彼の兄弟がどこにいるのかを考えると心が痛みます。”

と語っています。

奇跡の子猫『ジェド』

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nikki Martinez(@myfosterkittens)がシェアした投稿


あまりに悲痛な事故に見舞われたのにも関わらず、子猫は鼻を傷つけただけで命に別状はないとのこと。奇跡の子猫は『ジェド』と名付けられました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nikki Martinez(@myfosterkittens)がシェアした投稿


しかし、あまりに早く母猫を失ったジェドの健康状態は良いものとはいえません。

胃腸障害、細菌感染やウイルス感染、食事に対する不耐性など問題は山積みであり、ニッキーさんを含めてフォスター(里親)が24時間体制でケアに当たっています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nikki Martinez(@myfosterkittens)がシェアした投稿


ジェドは必死で生きようとしています。ジェドが自由に駆け回り、永遠のお家で最愛の人を困らせるほどの元気を手に入れることを世界中の人が願っています。ニッキーさんのインスタグラムをチェックしてジェドにエールを送りましょう!

猫バンバンの重要性

近年、日本国内でも乗車前にエンジンルームの中に猫が隠れていないかどうかを確認するための『猫バンバン』が浸透しつつあります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nikki Martinez(@myfosterkittens)がシェアした投稿


実際にこのような悲痛な事故が起こっていることをひとりでも多くの人に知ってもらうことでジェド、そしてその家族に起こった悲痛な物語を繰り返さないことを心から願っています。

この投稿に寄せられたコメント

・さあ、ジェド!あなたはファイターであり、あなたを待っている愛でいっぱいの未来があります。
・ジェド、大丈夫、あなたの未来は明るい!
・愛するジェドへエールを!

車から落ちた子猫

Comment