【驚愕】チュ〜もくっ! ”人命救助” に挑むネズミたちの存在をご存知ですか??

感動
出典:https://www.instagram.com/p/Cb4oBs3ME2Y/

人命救助に携わる動物といえば、まずレスキュードッグを思い浮かべますよね。今回の主役はもっともっと小さいあの子たち!ネズミとヒトの新たな挑戦をご覧ください。

ネズミの人命救助訓練とは

彼らに与えられた使命は、行方不明の人を探し出し命を救うことーーーー。

科学チーム『APOPO』は、様々な局面で人命救助ができるよう、ネズミたちの訓練を続けています。炭坑や地震後の瓦礫の中から人を救うことにおいて、ネズミたちは優れた能力を発揮するのだといいます。

『このネズミたちはとても頭が良いのです。地震で崩壊したビルの下に埋もれた人間を発見できよう訓練されています。背中に特別のバッグパックを背負わせ、人間を見つけたときはスイッチを入れるよう教えています。そして戻ってきたときに、ごほうびのおやつを与えているのです。』

まるでその姿は、某映画中の通学するネズミさんを彷彿とさせますね。バックパックを背負うネズミが命を救ってくれる…何だか夢の世界へ迷い込んでしまったかのような感覚に陥りそうです。

バッグパックには位置情報を知らせる装置とマイクロフォンが仕込まれており、犠牲者がどこにいるのか救出隊に伝わるようになっているといいます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

APOPO(@herorats)がシェアした投稿

人造の瓦礫を使った実験ではすでに良い結果が得られているといい、ネズミたちはトルコで実際に地震後の救助活動に参加、救助隊『GEA』を手伝うことになっているのだそう!

この画期的な活動は、スコットランドのグラスゴーに住む科学者のドナ・キーン博士が始めたもの。これまで7匹のネズミに訓練してきたことを発表しており、その訓練には平均9ヵ月から1年ほどを要します。

『ネズミたちはさまざまな環境で生き延びることができ、救助活動に従事するには最適です。』と、キーン博士。

彼女の活動は非営利団体APOPOで1年程前に始動、『ヒーロー・ラッツ』と名付けられたネズミたちはタンザニアのモロゴロで訓練されています。この団体ではネズミを利用して、地下鉱脈での救助や結核の早期発見などを行ってきた歴史を持ち、その活動は人命救助や野生動物の発見にまで及びました。

同団体が訓練したのは約170匹のネズミたち。研究者たちは将来、ネズミたちが『ブルセラ病』のような家畜の伝染病を嗅ぎ分けられるようになることを望んでいます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

APOPO(@herorats)がシェアした投稿

『ネズミのゴミ漁りの能力を、探索と救助に利用しているのです。』と語るのは、APOPOで広報マネージャーをしているリリー・シャロンさん。

『現在のところ、探索・救助活動のための訓練はうまくいっています。でもまだ実用には至っていません。それにしてもネズミの能力はすごいですよ。ネズミたちの活躍で、これまで危険な地下鉱脈や残留兵器の爆発を事前に感知し180万人の命を救いました。250万人以上の人々が結核にかかる前に予防することができ、2万5千人の命が救われているのです。』

訓練に使われているのは『アフリカオニネズミ』。このネズミは熱帯の気候に慣れ、熱帯特有の病気にも抵抗力が強いからとされています。ネズミたちはまるで王室のメンバーのように大事にされています。定期的に栄養バランスのとれた食事を与えられ、かわいがられ、毎週健康チェックも受けています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

APOPO(@herorats)がシェアした投稿

訓練を受けたネズミは平均寿命まで十分に生存し、どのネズミも救助活動中に命を落としたことはありません。体重が軽く動きのす早いネズミは、災害現場での活動に適しているのです。

『ネズミにはすぐれた嗅覚があり、犬と同様に訓練しやすい生き物です。犬と違ってたった1人の訓練者との絆が強くなることはありませんが、体が小さく犬も入り込めないような場所でも軽々と進んでいけるのです。平均寿命はだいたい8年くらいですが、ここでは10年、11年生きたネズミもいます』と、キーン博士。

キーン博士はネズミたちの速い学習能力に驚いてると同時に、将来は病気を広める存在ではなく人命を助ける存在として注目されるようになるだろうと考えています。

『ネズミを恐れる人がいるのは承知していますが、心配はしていません。ネズミたちはバッグパックを背負い、マイクを付け、照明やカメラも装備しています。このネズミたちが救助活動中なのは、一目瞭然です。』

『ネズミへの負のイメージを払拭するときです。すばらしい生き物で、とても知的なのですから。』

ネズミたちの新たな挑戦、今後の進展が楽しみですね!

出典:https://www.boredpanda.com/rats-trained-for-search-and-rescue/?utm_source=google&utm_medium=organic&utm_campaign=organic

この投稿に寄せられたコメント

・ネズミたちがリタイアしたら、ぜひボランティアとして養育したいわ。
・ネズミは素晴らしいペットになるよ。でも社会性が必要!
・次回危険な目にあったら、胸ポケットに身分証明書とチェダーチーズを一切れ入れて救助を待とうかな。
・ネズミたちが長く幸せに生きて、人々を救助し続け、いつまでもおいしいおやつをもらえるよう願っています。
・もともとアフリカ諸国では鉱脈や爆発物の探知にネズミを使っていました。すばらしい嗅覚があるのです。体重が犬より軽いのも、有利ですね。きっと地震の被災者捜索にも力を発揮するでしょう!
・「黒猫は不吉」といわれるのと同様、「ネズミは汚くて伝染病を媒介する」というのは間違いです。とても知的な生き物で、ペットに最適だと思います。
・ネズミたちも幸せそうに見えますね。きっと自分たちが重要な貢献をしているのがわかっているのでしょう!

出典:https://www.boredpanda.com/rats-trained-for-search-and-rescue/?utm_source=google&utm_medium=organic&utm_campaign=organic

こんな記事も読まれています

『ナイス・フォーメーション!』猫が作り出した奇跡のスマイルマークにビックリ

「この絵なかなかいいニャ」家の中に【猫専用の美術館】を作ったカップル

Comment