【恩返し】飼い主をコヨーテから守り抜き姿を消した保護犬 その後の展開に涙

撫でる 感動
出典:https://www.youtube.com/watch?v=lxWzWRKnG2s

保護団体『Hope For Paws』に寄せられた通報により、無事に保護された小型犬。長い間、路上暮らしをしていた小型犬は無事に里親さんが見つかり、幸せな暮らしを送ることができた…かに思えましたが、その後、保護団体側も驚く展開が…。

永遠の家族へと繋がれた保護犬

車の下に隠れる犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=lxWzWRKnG2s

保護団体『Hope For Paws』の元に「何ヵ月もひとりぼっちで路上暮らししている犬がいる」との通報が入りました。早速現場へ向かうと、道路に停車していた車の下に隠れるように身を潜めているわんこを発見!食べ物を持ってきていなかったこともあり、食べ物なしで必死の保護活動に挑むこととなりました。

道路で発見したこともあり、車の下をくぐり抜けながら逃げようとする小型犬。住宅街ということもあり、走行している車はゆっくりと移動しているものの…突然飛び出してしまえば事故、大怪我につながりかねません。

住宅に入っていく犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=lxWzWRKnG2s

スタッフたちが小型犬を追いかけていると、運良く大きな住宅の敷地内に入って行ってくれました。とりあえず、これで安全はある程度確保されたかと思ったその矢先…。

何とか住宅街の住民に許可を得て立ち入ることができたものの、追われていることを察知した小型犬は逃げようと必死です。

捕獲

出典:https://www.youtube.com/watch?v=lxWzWRKnG2s

しかし、そこは保護活動に慣れているスタッフさん!この一瞬を見逃さず、シュッとワイヤーリードを構えると、小型犬の首に見事輪っかの部分を引っ掛けることに成功!お見事です!

最初は捕まえられたことに対してパニックに陥っていた小型犬。しかし、もちろんこのような様子に陥る保護犬たちを何頭も見てきたスタッフさんは、落ち着いた口調で「大丈夫だよ」と何度も声を掛けます。

撫でる

出典:https://www.youtube.com/watch?v=lxWzWRKnG2s

すると、少しずつ落ち着いてきた様子を見せ始める小型犬。そして、スタッフさんが優しく触れると大人しく頭を撫でさせてくれたのです。

『ファズビー』という名前が贈られた小型犬は、病院で伸び切った毛を綺麗にカットしてもらい、シャワーできれいに洗ってもらった後、スタッフさんたちとのんびり穏やかな時間を過ごすこととなったのです。

穏やかに過ごすファズビー

出典:https://www.youtube.com/watch?v=lxWzWRKnG2s

その後、病院を通じて里親さん探しをしてくれる団体協力のもと、ファズビーは里親さんと巡り合うことができたそう。しかし、ファズビーの物語は、驚きと困惑の展開を迎えることになってしまうのです。

恩人を守り抜いたファズビー

コヨーテと対峙

出典:https://www.youtube.com/watch?v=lxWzWRKnG2s

永遠の家族と巡り合ったファズビー。里親さんはとても素敵な人だったようですが、引き取られてから約1ヶ月後、Hope For Pawsの緊急ラインに1本の連絡が入ったのです。

それはとある女性からの連絡であり『2つのタグが付いた首輪を持つ怪我を負った犬を見つけた』との内容。そのタグには、Hope For Pawsの名前と『バフィー』という名前が記載されていたそう。

しかし、Hope For Paws側では『バフィー』と名付けた記憶がなかったため、里親さんに渡った後に改名された可能性が浮上したのです。保護してくれた女性は、親切に病院へ連れて行ってくれましたが、そこでマイクロチップの確認は行われず…。

その後、Hope For Paws側で調べたところ、なんと『バフィー』『ファズビー』であることが判明!その後、引き渡されたはずの里親さんに話を聞いてみると、驚きの展開が起こっていたことがわかったのです。

ある日、いつものようにバフィー(ファズビー)を散歩させていた里親さん。しかし、突然目の前に野生のコヨーテが現れ、バフィーは里親さんを守ろうと猛然とコヨーテに突進したといいます。すると、その際にリードが外れてしまい、バフィーはコヨーテと対峙することになってしまったのです。

野生のコヨーテはとても凶暴。バフィーは何度も咬まれながら大怪我を負い、里親さんの代わりに後を追ってくれた男性によると、ひどく大怪我をして倒れ込んでいたバフィーを見て、すでに息絶えてしまったと判断する他なかった惨状だったのだとか…。

男性は、バフィーの遺体をタオルで包んであげようと車に戻り、同じ場所へと戻ってきた時にはバフィーの姿がなくなっていたといいます。そう、なんとバフィーは生き延びており、大怪我を負ったままその場から立ち去っていたのです。

こうしてバフィーは逃げた先の場所で別の女性に保護され、再びHope For Pawsへと連絡が。このあまりに壮絶な展開を誰が想定できたというのでしょう。

出典:https://youtu.be/lxWzWRKnG2s

もちろん里親さんもその後、他の友人たちと一緒にバフィーを捜索していたようで、一命を取り留めたバフィーは幸運にも回復、今では元気に里親さんの元で暮らしているといいます。

きっと、バフィーは里親さん、飼い主さんを自身の命を懸けてでも守りたかったのでしょう。小さくふわふわで愛らしい外見に秘めた勇敢さを見せたバフィーの物語をぜひとも動画で見届けてくださいね。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws – Official Rescue Channel

■Hope For Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

こんな記事も読まれています

唸る噛むのオンパレードな柴犬…正しいトレーニングで別の犬のように生まれ変わる♪

「助かったにゃー」穴を掘って猫を救出!したのはなんとウサギさん♡

撫でる

Comment