【保護】”おっかない母犬がいる” 子犬を連れ去られた母犬 子犬との再会シーンに涙

悲しい
出典:https://www.youtube.com/@TakisShelter

排水のために開けられた穴で出産をした犬がいるとの連絡を受けた保護団体『Takis Shelter』

どうやら、ある人が子犬を勝手に連れ去ってしまい、突然愛する子犬たちを取り上げられた母犬は傷心のため塞ぎこんでしまっているよう…。そこで母犬を保護し、子犬たちと再会させることを決意したのです。

子犬を取り上げられて傷心中の母犬を保護

穴に隠れる母犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=xLFUmKDLaX8

田舎の道路下にポッカリと空いた穴に隠れるように潜んでいるのは、前日に子犬を取り上げられてしまったという母犬。どうやら排水のために開けられた穴で出産した母犬から、ある人が子犬を取り上げ持ち去ってしまったというのです。

連絡を受けたTakis Shelterは、早速母犬を保護するために動き出しました。怯えた様子でこちらの様子をうかがう母犬。

それもそのはず、突然子犬を取り上げられてしまった母犬の心は深く傷ついているのです。人間に対して強い不信感を抱いていても何ら不思議ではありません。

食べ物の匂いを嗅ぐ

出典:https://www.youtube.com/watch?v=xLFUmKDLaX8

食べ物を見せてみるとお腹は空いているようで、少し戸惑った表情を見せながら、クンクンと嗅いでみたり舌をペロペロと出したり…。しばらくすると、手から直接食べ物を食べてくれるようになりました。

とても穏やかで優しそうな顔立ちをしており、攻撃性の強い犬ではないようです。

リードに怯える

出典:https://www.youtube.com/watch?v=xLFUmKDLaX8

そこで、リードを使って保護を試みようとしますが…リードを見るなりスッと穴の中に引っ込んでしまいました。再び警戒心を和らげるために食べ物を与えながらリードへと誘導。

輪っかに頭を入れる

出典:https://www.youtube.com/watch?v=xLFUmKDLaX8

リードの輪っかに頭を入れてもらえるよう、輪っかの手前に食べ物を置きます。すると、スッとリードの輪っか部分に頭を入れて食べ物を口にしてくれました!そのタイミングを逃さず、すぐにキュッと輪っかを締めます。

ちょっぴり不満そうな表情は見せたものの、もう観念していたのか、リードをつけられても気にせず食べ物を食べ続ける母犬。暴れることもなく、保護することに成功しました!

実は、母犬について通報をしたのは子犬たちを勝手に持ち帰ってしまった本人だったのだそう。「おっかない母犬がまだいるんだ」と伝えられていたのです。

子犬は全部で5頭、全ての子犬をその人が連れて帰ってしまったそうです。連絡をくれた本人は保護のつもりで動いたのかもしれませんが、母犬からすればいきなり子犬だけを連れ去られて不安に駆られたことでしょう。

子犬を守ろうと必死に抵抗したのかもしれません。それが「おっかない」と映ってしまったのでしょうか…。母犬の心が深く傷ついたのも納得です。正しく接すれば全く怖くない、むしろ穏やかな性格の犬であることがわかるのですから。

車から外を眺める犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=xLFUmKDLaX8

その後、なかなか穴から出てこない母犬に優しく声をかけつつ、リードを引っ張りながら誘導。車でシェルターに連れ帰り、後日、子犬たちとの再会を果たすと伝えられました。

そして後日、その宣言通りシェルターで親子が再会、共に過ごしている様子を投稿されました。母犬も、スタッフの声掛けにすっかり信頼しきっている素振りを見せています。

出典:https://youtu.be/_yVKh5g6U70

それぞれ永遠の家族の元へと巣立つ日、離れ離れにならなければならない日が訪れることでしょう。しかし、子犬たちが独り立ちできるその日まで…もう決して引き離されることはありません。

人の手によって奪われかけたものの、人の手によって再び繋がれた家族の物語をぜひ動画でご覧になってください。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
掲載YouTubeチャンネル:Takis Shelter

こんな記事も読まれています

『下半身マヒ』になった猫のレキシーは障がいなんてへっちゃら!愛情深い飼い主さんと毎日を満喫中

「入院中の子どもたちに元気を与えたい」病院で”お見舞いセラピー犬”が大活躍

Comment