「辛いお菓子を食べたから」とんでもない理由で殺処分されそうになった犬を救出

笑顔の鉄くん 感動

「辛いスナック菓子を食べたから脳障害だ」「だから譲渡対象ではない」と理不尽な理由で命を奪われそうになっていた鉄くん。

しかし、そんな鉄くんを見捨てられないと、大阪府富田林市で保護犬シェルターと犬の問題行動を改善するリハビリトレーニングセンターを運営している「ポチパパ」さんが手の差し伸べました。

辛いお菓子を食べたから譲渡外と言われた『鉄』

鉄くん

出典:https://www.youtube.com/watch?v=LKZYLvhtV-A

大阪府富田林市で保護犬シェルターと犬の問題行動を改善するリハビリトレーニングセンターを運営しているポチパパさん。いつもは穏やかな口調で優しげに保護した犬たちのことを語ってくれているポチパパさんですが、今回救出した鉄くんに関して、保健所職員の理不尽な言い掛かりがどうしても許せない…と怒りに震えた声で語られました。

ポチパパさんが救出した鉄くんは、ある保健所に収容されていました。そこの保健所の職員が、あろうことか「辛いスナック菓子を食べたから脳障害」と決めつけ、「譲渡対象外だ」と判定したのです。

そんな鉄くんをポチパパさんが救出した時の様子はこちらの記事をチェックしてください。

「辛いお菓子を食べたから脳障害」と譲渡対象から外された犬をレスキュー

譲渡外と判定されたということは、そのまま保健所に収容され続け、時期が来れば殺処分されてしまう可能性があるということ。あまりに酷すぎる対応にポチパパさんも見過ごせなかったのでしょう。すぐに鉄くんを救出しに向かったのです。

笑顔の鉄くん

出典:https://www.youtube.com/watch?v=LKZYLvhtV-A

お迎えした当日は緊張していた様子を見せていた鉄くん。しかし、元々攻撃的だったわけではなく、辛いスナックを勝手に与えた職員に対してのみ吠えるといった態度を見せていただけだったのです。

そのため、ポチパパさんの元にお迎えされて3日後には、とても柔らかい表情でポチパパさんを見上げてくれるようになっていました!

ポチパパさん曰く、「この子は辛いお菓子を食べさせられて怒っていただけ。ただそれだけです」とのこと。辛いスナックを食べさせられて、驚いて警戒から吠えてしまう…これのどこに命を奪うほどの問題があるというのでしょう。

女性スタッフが好き

出典:https://www.youtube.com/watch?v=LKZYLvhtV-A

少しずつ緊張状態がほぐれている鉄くんですが、動画が撮影された当時はまだお迎えからたった3日の頃。今後も様子を見ながら鉄くんが少しずつ環境に慣れていけるようサポートしつつ、時期を見て、保護犬たちが仲良く暮らす楽園へと移ることになるようです。

一度は保健所の職員の身勝手な行動と理不尽な判断で命を奪われそうになった鉄くん。しかし、今ではポチパパさんの愛の手によって、これほどまでに幸せそうな笑顔を見せてくれることも増えてきています。今後、より多くの喜びや幸せを得る機会が増えていくことでしょう。

ぜひその姿を動画で見届けてくださいね!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
掲載YouTubeチャンネル:ポチパパ ちゃんねる【保護犬達の楽園】

ポチパパ ちゃんねる【保護犬達の楽園】

▼▼ Facebook ▼▼
https://www.facebook.com/yoshihiro.kitamura.121

▼▼ Twitter ▼▼
https://twitter.com/pochipapa_

こんな記事も読まれています

埋葬された後に”よみがえった猫”バートは『奇跡の猫』として世界中から愛される

『出入り口が見当たらない水路』にいた大型犬の保護。欲しかったのは人の温もり

笑顔の鉄くん