“生きることを諦めなかった”大きな怪我を追った老犬『フロイド』の物語

老犬と隊員 感動

通報を受け、『Animal aid unlimited』の隊員が現場に駆けつけると、そこには耳に大きな傷を負っている老犬の姿が…。すぐに治療が必要であると判断され、診療所へ運ばれることとなったのです。

耳に大きな傷を負った老犬を救助

耳に怪我を負った老犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=GvWaywaLrl0

『Animal aid unlimited』は耳に大きな傷を負っている犬がいるとの通報を受け、早速隊員を派遣しました。現場に到着すると、そこにはよろよろと歩く老犬がおり、傷は思っていた以上に深く、緊急で治療が必要であることがわかりました。

幸い、老犬は人を信頼していたため、逃げたり抵抗したりすることはなく、隊員に抱っこされることも落ち着いた様子で受け止めてくれました。

放置していたら命を落としていた可能性もあった

診察

出典:https://www.youtube.com/watch?v=GvWaywaLrl0

診療所に到着し、まずは診察を開始。あまりにも深い耳の傷は、そのまま長時間放置されていれば、細菌感染や出血多量など、さまざまなリスクを負い、命を落としていた可能性もあったといいます。

治療完了

出典:https://www.youtube.com/watch?v=GvWaywaLrl0

まずは獣医によって粉薬が投与され、耳の中にいる寄生虫を取り除く作業に入ります。翌日の朝、治療の甲斐もあり、耳の中にいた寄生虫は死滅していたそうで一安心。

回復には十分な栄養と愛情が必要!

食糧を与えられる

出典:https://www.youtube.com/watch?v=GvWaywaLrl0

治療が順調に進んでいる老犬には、適切な治療はもちろん、それ以外にも新鮮な水や十分な食糧、そして人からの愛情が必要でした。これらが全て揃って、ようやく回復するのです。

スタッフさんに撫でられている老犬は、とても穏やかな表情をしており、心から人を信頼していることがわかります。きっと愛情に飢えていたのでしょう。

翌日、さらに耳の中に残っているうじ虫を取り除き、耳の消毒を行います。慎重に耳周りを治療して行きますが、この治療はやはり痛みが伴います。しかし、それでも老犬はスタッフさんたちを信じ、笑顔で治療を受けていたというのです。

治療を通して、この老犬がとても愛情深く心優しいわんこであることがわかったといいます。そしてこの老犬には「フロイド」という名前がつけられました!

回復して敷地内を散策して回るフロイドの姿が!

幸せそうなフロイド

出典:https://www.youtube.com/watch?v=GvWaywaLrl0

スタッフさんたちの献身的な治療や愛情サポートによって、フロイドの耳の傷は完治しました!動画の最後では、現地に敷地内を散策する楽しそうなフロイドの様子が映し出されています。ぜひフロイドの救助からケア、そして回復するまでの過程を動画でご覧ください。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
掲載YouTubeチャンネル:Animal Aid Unlimited, India

こんな記事も読まれています

鉄道会社に住み着いた小型犬!職員さんには懐いていたが保護には大苦戦

デカ過ぎ!!モフモフで巨大すぎる犬はもはや『クマ』のレベル

老犬と隊員

Comment