ライダーを誘導し”ゴミ捨て場”で泣き叫ぶ新生児を救った英雄『ブラッキー』

感動

男性がバイクで走行中、懸命に後を追ってくる1頭の犬の姿が…!バイクを停め、近づいてみると…犬は後退しながら彼をゴミ捨て場へ誘導しました。そこで発見したのはまさかの…。

犬が現れて、さかんに訴える

今回ご紹介するのは、フィリピンで本当に起こった出来事です。野良犬と思われる1頭の犬が、バイクで通りかかったライダーの注意をひき、人里離れた場所で助けを求めていた存在へと導いたのです。

出典:https://www.goanimals.co/dog-wouldnt-stop-barking-until-biker-follows-him-to-abandoned-baby/

12月末のこと、ジュンレル・フェンテス・レビラさんは、セブの近くをバイクで走行していました。すると突然、何かが目の前に現われました。黒い野良犬が彼に向って懸命に吠えているではありませんか。そのまま走り続けていると、なんと追いかけてきたのです。

彼は犬が何か伝えようとしていると直感し、バイクを停めて近づいてみました。犬はさかんに何かを訴えています。近づくたびに、犬は数歩後ろに下がって、まるでどこかへ導こうとしているようです。

ゴミ捨て場に新生児が!

出典:https://www.goanimals.co/dog-wouldnt-stop-barking-until-biker-follows-him-to-abandoned-baby/

数分ほど犬に導びかれ、彼は近くのゴミ捨て場へやってきました。そこで目にしたのは…なんと、新生児が大声で泣いている光景。赤ちゃんはタオルにくるまれており、幸いにも元気なようすです。

彼は赤ちゃんを抱き上げ、近くの警察署へ連れていきました。警察では新生児を廃棄した犯人を捜しているところです。もし犬がいなければ、赤ちゃんは生き残れなかったかもしれません。

貧しくてもやさしい飼い主のもとで暮らす犬

地元紙でこのニュースが伝わると、この犬が野良なのかどうか多くの人々が知りたがるようになりました。動物保護団体は、この英雄的な犬を捜索し始めました。

その結果、犬の飼い主だという男性を見つけました。犬の名は『ブラッキー』。ボランティアたちは、彼の家に案内され、そこで2頭の犬と暮らすブラッキーに出会いました。

出典:https://www.goanimals.co/dog-wouldnt-stop-barking-until-biker-follows-him-to-abandoned-baby/

決して楽な暮らしではありませんが、飼い主は自分を犠牲にしても、犬たちにはできるだけのことをしています。この犬が必死でライダーを赤ちゃんのもとへ導こうとしたのも、それだけ愛情を注がれて生きているからこそだったかもしれません。飼い主と同様に、ブラッキーも他者のために全力を尽くす態度が身についているのでしょう。

ぜひ、英雄ブラッキーの物語を家族や友人にシェアしてくださいね。

出典:https://www.goanimals.co/dog-wouldnt-stop-barking-until-biker-follows-him-to-abandoned-baby/

こんな記事も読まれています

「この中に猫がいます!」かくれんぼの達人たちがどこにいるか当ててみよう!

お父ちゃんが心配だニャ!骨折をしてしまった飼い主さんの歩幅に合わせて歩く猫。寄り添う1人と1匹の絆に涙腺崩壊

Comment