『年長保護動物をお迎えしませんか?』海外ペットフードメーカーの取組みが話題に

なるほど

比較的新しい飼い主を見つけにくいとされているのが、年長の犬猫。あるペットフード会社が実施した『年長の動物を家族に迎えた場合に200ドルを提供する』という試みが話題になったことをご存知でしょうか♪

成熟したペットはメリットも大きい

人々の多くは、小さくて可愛らしい存在が大好きですよね。他にもさまざまな理由があるものの、共に暮らす家族をお迎えする時に子猫や子犬を選ぶのは自然なことと言えるのかもしれません。

出典:https://youtu.be/XtnciQsdvXw

でも実際には、年長のペットを飼うメリットも大きいのです。すでに人間と暮らすためのトレーニングを受けているケースもありますし、個性や外見の特徴も把握しやすく成長により体が予想の2倍の大きさになった…なんて予想外の展開も心配不要。

子猫や子犬とはまた違った魅力があることを伝えたいと、年長ペットにフォーカスしたペットフード会社『Stella & Chewy’s』は、米国で全国年長ペット譲渡推進月間として定められている11月、ペットの引き取り費用を補助することを発表。

出典:https://youtu.be/XtnciQsdvXw

保護されている犬や猫の譲渡を受けたあと、申込書に記入し証明書類や領収書を添付するだけで、最大200ドル(約2万7千円)の小切手を郵送してくれるのです。

そもそも何歳を超えると「年長」とするのか…全世界で通ずる明確なルールはありません。特に犬の場合は犬種や身体の大きさ等によって平均寿命が異なるため、同社では5歳以上の犬猫を対象にすることを定めました。

このような活動は、保護施設で永遠の家族の迎えを待っている動物たちにとても良い影響を与えることになるでしょう。日本国内においても、年長ペットへの理解や魅力が1人でも多くの方に伝わってほしいものですね!

出典:https://www.mentalfloss.com/posts/stella-and-chewys-senior-shelter-pets-adoption-fees

こんな記事も読まれています

伝説の兵士「ヴォイテク」の正体はクマ!?ポーランド軍に実在した熊さん兵士

【デブ猫ビフォアフター】巨漢から健康スリムへ!ダイエットに大成功した猫たち11選

Comment