行方不明だった愛猫を無事連れ帰ったはずが…1週間後に本物が帰宅!?

あるある

行方不明の愛猫を見つけた男性。喜んで自宅に連れ帰った後に、何と本当の愛猫が出現…この失敗談をネットに紹介した男性。するとネット民から次々に類似の失敗談が紹介され、人々の爆笑を誘うこととなりました。

愛猫を「発見」したはずが…

万が一、億が一にでも愛猫や愛犬が行方不明になってしまったとしたら…考えたくもないことですよね。

共に暮らしていた最愛の白黒猫が行方不明になってしまったスタニスラフ・ザックさんはこの数週間ひどく不安な日々を過ごしていました。

愛猫を発見し自宅に連れ帰ったときには、ずいぶんホッとしたのも頷けます。しかし、その後思わぬ展開に見舞われることに…!?

スタニスラフさんは、自身に起こった出来事を目の前の光景と共にSNSに投稿。

先月猫が行方不明になり、1週間前に見つけて連れ帰ったのですが、今日、本当の愛猫が戻ってきました。今うちには2匹のそっくり猫がいます

出典:https://twistedsifter.com/2022/11/this-man-thought-he-found-his-lost-cat-and-then-the-real-one-showed-up/

この投稿にはコメディアンのジェームズ・フェルトンさんも、ユーモアたっぷりに応えています。

『ファミリーゲーム/双子の天使』状態だったけど、2匹が鉢合わせて『フェイス・オフ』になったので、猫にとっては『スパイ大作戦』だ。『キャッツ』みたいに選ばれるか、映画『プレステージ』みたいなマジックで解決するしかないね。今や仮想世界『マトリックス』にいるのだから

それにしても、同様の経験をした人は意外にも多いようで、共感の声も続々と寄せられることになりましたよ〜!

この投稿に寄せられたコメント

・同じような経験をしました。6ヵ月前にドアを開けてうちの猫を室内に入れたら、すでに部屋には自分の猫がいました
・薄明りの中、うちの白茶トラの猫を部屋に戻しました。でも実は愛猫はずっと室内におり、今では2匹とも飼っています
・両親とともに車で走行中、道端に白黒猫の遺体を発見。『大変だ、うちの猫じゃないか?』と父が言うのです。わたしは直視できませんでした。そのまま裏庭に死体を埋めました。母があわてて妹を探してこのことを伝えると、彼女は動顛してしまい、家に戻るのを拒否しました。でもやっと家に帰ってきた妹。そのときちょうど、愛猫も元気に帰宅したのです!
・子供のときに同様の経験をしました。家の前で車に轢かれた愛猫。父はその死骸を庭に埋めました。その直後に愛猫が帰宅したのです。数日後、見知らぬ男性がやって来て『茶トラの猫トムを見かけませんでしたか?』と聞くのです。
・女性がうちに来て『お宅の猫を轢いてしまった』というのです。その夜、寒くて雨の降る中、家族は大泣きしながら死体を埋葬しました。と突然、棺の向こうからうちの猫が跳び出してきました。死体はそっくりな別の猫だったのです。毛並みも首輪の色も同じ猫でした。びっくりして心臓が止まるかと思ったものです

何にせよ、愛猫が無事に帰宅して何より。皆さんも今一度、愛猫だけの特徴を探しておくと良いかもしれませんね(笑)。

出典:https://twistedsifter.com/2022/11/this-man-thought-he-found-his-lost-cat-and-then-the-real-one-showed-up/

こんな記事も読まれています

『絶対に目を合わせんぞ!』遊びたい子猫ちゃんにちょっかいを出されても無視を続ける猫さん

猫の救助依頼を受けて現場へ直行!出会ったのはまるで忍者のような凄すぎる猫

Comment