『パパの顔が見えるよ!』視力を取り戻した愛犬と飼い主の感動の再会

感動

白内障で視力をなくした犬は、生きる活力をも失ったかのように見えました。しかし、手術を受けて回復し、大好きな飼い主の顔を見た瞬間…!その感動の瞬間をご覧ください。

失明して元気を失った犬『ボブ』

『ボブ』はこれまでの数ヵ月をぼんやりした世界で生きてきました。最初は軽い白内障だったのですが、症状は日々悪化し、両目の視力を失ってしまったのです。それを機にボブは元気を失い、無気力になってしまったのだそう。

出典:https://www.thedodo.com/daily-dodo/formerly-blind-dog-is-so-happy-to-see-his-dads-face-again-after-surgery

「家の中で家具にぶつかるのを恐れ、ひっそりと過ごすようになったのです」と語ってくれたのは、担当医のメルシア・アマロさん。

「飼い主が帰宅しても、玄関まで走り寄って行くことができなくなりました。これまでは大喜びで出迎えていたのに…」

メルシアさんは動物専門の眼科医。ボブは元気もなく先の希望がないように見えるものの、手術をすれば視力が回復することを彼女は確信していました。そこで飼い主と協力しながら診察を行い、先ごろ白内障の手術を実施したのです。

出典:https://www.thedodo.com/daily-dodo/formerly-blind-dog-is-so-happy-to-see-his-dads-face-again-after-surgery

手術後、すべてが好転しました。ボブにとっては、目の前の幕が完全に開いたのです。

「手術直後から『見えるよ!』とでもいうように私たちを見上げていました。よい兆候です」とメルシアさん。

何といってもボブが見たかったのは、飼い主であるパパさんの顔です。翌日に初めて面会したときの、感動的な場面は多くの人々の胸を打ちました。

視力を失って以来、ずっと見たかったパパさんの顔。ボブの視界に最愛の人が映った瞬間、彼の犬生は再び明るく照らされました。

「まるで別の犬のように元気です。その喜び様といったら、大変なもの。こちらも感動したほどです」と彼女はいいます。

出典:https://www.thedodo.com/daily-dodo/formerly-blind-dog-is-so-happy-to-see-his-dads-face-again-after-surgery

ボブは今、自宅で静養中です。これまで見えなかった家具などの障害物も、もう何の問題にもなりません。平和で愛情あふれる我が家で、ボブはとても幸せ。これから毎日を謳歌しながら過ごすことでしょう!

出典:https://www.thedodo.com/daily-dodo/formerly-blind-dog-is-so-happy-to-see-his-dads-face-again-after-surgery

こんな記事も読まれています

【凄すぎる!】猫ちゃん達が披露する『完璧すぎるショー』に開いた口が塞がらない

「わが子を助けて!」生き埋めになった子犬を救出しようと必死な母犬の姿に涙

Comment