2度の幸運に恵まれた野良犬 無事保護された後に癌が発覚し…

ブルーベル 感動

3週間ほど前に現れたという怪我を負った野良犬の保護依頼を受けた『Hope For Paws』

早速連絡をくれたお宅へと向かうと、そこには人懐こいシニア犬の姿が。保護はすんなり終わりましたが、その後、病院でガンを患っていることが発覚したのです。

3週間、居候させてもらった人懐っこいわんこ

居候しているわんこ

出典:https://www.youtube.com/watch?v=6UDBZ6rtHrk

「怪我をしている野良犬が現れた」との通報を受け、保護団体『Hope For Paws』が出動。連絡をくれたお宅へと到着すると…いました!穏やかな様子でのんびりと過ごしている様子のわんこが今回依頼を受けた野良犬のようです。

警戒する様子もなくあっさり保護が完了!

わんこを撫でる女性

出典:https://www.youtube.com/watch?v=6UDBZ6rtHrk

遠目で見ても警戒したり怯えたりする様子がまったく見られなかったため、近づいて食べ物を差し出しながら撫でつつコミュニケーションをとっていきます。

その間に、連絡をくれたお宅の男性に話を聞くと、どうやら3週間前に現れたこちらのわんこ。翌日には出ていってしまうかと思いきやそのまま3週間、こちらのお宅に居候し続けたため、保護依頼をしたのだとか。

温かく見守ってくれていたこちらのご家族のいる敷地内が居心地よかったのかもしれませんね。

リードの装着完了

出典:https://www.youtube.com/watch?v=6UDBZ6rtHrk

あっさりリードも装着させてくれたため、保護は完了。しかし、その後も話を聞くと7月4日の独立記念日、打ち上げ花火によって驚き激しく吠えていたとのこと。

また、足を庇うような仕草を見せることから「怪我をしているのでは」と感じた男性は、Hope For Pawsに連絡し保護してもらい、適切な治療を受けさせてあげたいと思ったようです。優しい方のお宅に居候させてもらえて幸運でしたね!

お別れ時にも穏やかに嬉しそうな様子を見せる『ブルーベル』

男性とのお別れ

出典:https://www.youtube.com/watch?v=6UDBZ6rtHrk

こうして『ブルーベル』と名付けられた人懐っこいわんこの保護は完了しました。最後に、3週間見守りながらお世話をしてくれていた男性にお別れの挨拶です。

ブルーベルはとても穏やかな表情で男性をじっと見つめた後、自ら男性の元へと近寄りスリスリと頭を擦り付けたのです!よほど男性のことを気に入っていたのでしょう。なんだか別れが切なく感じてしまいます。

可愛らしいブルーベルの行動に、男性に離れ難そうな様子を見せる男性。ブルーベルが安全に生き延びることができたのは、こちらの男性のおかげです。

車に乗り込んだブルーベル

出典:https://www.youtube.com/watch?v=6UDBZ6rtHrk

こうしてブルーベルは3週間お世話になったお宅に別れを告げ、Hope For Pawsの車へと乗り込みます。お腹にできものがありそうなこともあり、早速病院で診察や治療を受けなければいけません。

病院で調べた結果、2つのガンを発見!外科手術することに

病院に到着

出典:https://www.youtube.com/watch?v=6UDBZ6rtHrk

病院に到着したブルーベルは、まず獣医師によってできものを調べてもらうことに。すると、肥満細胞種乳がんの2つのガンを持っていることが判明。外科手術によって取り除くことになりました。さらに歯の腫瘍も見つかり、これから治療に専念することになります。

残念ながらマイクロチップは埋め込まれていなかったため、飼い主に関する情報が特定できませんでした。これほど人に慣れているということは、ブルーベルは元飼い犬だった可能性が高いのですが…一体何があったというのでしょう。

シャワー中のブルーベル

出典:https://www.youtube.com/watch?v=6UDBZ6rtHrk

治療を受ける前に、まずは全身をシャンプーしてもらうことに。シャワーを浴びてきれいになった後、外科手術を受けて腫瘍を全て取り除くことに成功!

レントゲン検査をしたところ他の部分に転移している様子もなかったため、一安心です。

しかし、これ以上治療が遅れていれば…ブルーベルの命に危険が及んでいた可能性も十分にあります。心優しい男性に巡り会えたこと、そしてそのおかげで適切な治療を受けられたことはとても幸運でした。

手術成功により回復したブルーベル!一時預かり家庭へ

嬉しそうなブルーベル

出典:https://www.youtube.com/watch?v=6UDBZ6rtHrk

手術によって腫瘍を取り除いてもらったブルーベルは、その後も順調に回復し、一時預かりをしているご家庭に預かってもらことになりました!人懐こく明るいブルーベルならば、素敵な里親さんと出会うことができるでしょう。

すでに施設のスタッフさんたちと打ち解けていたほど社交的なブルーベルの保護動画は、ぜひYouTubeチャンネルからご視聴ください。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws – Official Rescue Channel

Hope For Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

こんな記事も読まれています

【感動】末期がんになった「スパークル」は通行人にかわいがられながら余生を過ごす

【感動】孤児になった「ラブラドールの子犬たち」代理母はコーギー犬

ブルーベル

Comment