『すみません、助けてくださいませんか?』アライグマからのSOSがこちら

かわいい

キャンプ場に設置された大型のゴミ箱。その中に落ちて出られなくなったある動物が、通行人の女性に必死で助けを求めました。果たして無事、救出なるか…!

ゴミ箱から出られなくなったアライグマ

米国カリフォルニア州にあるキャンプ場で、小さなアライグマが金属製の大型ゴミ箱の底で立ち往生していました。繰り返しジャンプして這い上がろうとするのですが、滑り落ちてしまいなかなか脱出することができません。

出典:https://www.thedodo.com/daily-dodo/raccoon-asks-kind-woman-to-help-him-escape-from-dumpster

その時、アライグマは通行人の女性に希望を見出しました。「この人が助けてくれるかもしれない」と考えたアライグマは、何度もその場で跳び上がり、女性の注意を引き付けようとしたのです。

その場に立ち会わせたクリスティンさんは、大の動物好き。困っているアライグマに気づき、その健気な行動に心を痛めました。

「ほかのアライグマたちが1日中ごみ容器から出たり入ったりしているのを見かけていたので、ちょっと戸惑いました。その子はなぜ出られないのだろうと思ったのです。ジャンプし続けても、まったく容器の縁まで届かないのです」

彼女は、この小さなアライグマには助けが必要だと気づいたのです。

出典:https://www.thedodo.com/daily-dodo/raccoon-asks-kind-woman-to-help-him-escape-from-dumpster

「アライグマは数分間その場でちょっとだけ跳び上がり続け、私を見つめます。そのあとちょっと座って『ねえ、全然登れないんだよ。助けて』と訴えているようでした」

そこでクリスティンさんは、アライグマがよじ登る助けになるようなものを探しました。最初は小枝を見つけましたが、これでは体重を支えられません。プラスチック製の道標が落ちていたのですが、これはツルツルしているので滑ってしまうでしょう…。

やがて小枝のたくさんついた倒木の太い枝があったので、これを放り投げることに。すると、アライグマはすぐにその枝を使って這い上がり、安全な場所へと逃げていきました。

出典:https://www.thedodo.com/daily-dodo/raccoon-asks-kind-woman-to-help-him-escape-from-dumpster

クリスティンさんのお陰でアライグマはやっと脱出することができ、野生へと戻っていくことができたのです。

救出劇の様子をぜひ動画で見届けてくださいね♪

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rosie 🐥(@rosie.birb)がシェアした投稿

出典:https://www.thedodo.com/daily-dodo/raccoon-asks-kind-woman-to-help-him-escape-from-dumpster

こんな記事も読まれています

『拾われて一週間目』快適すぎてお家に慣れすぎた子猫はこうやって寝る

プチ怒「子犬」の名前は『Angry potato』ブラッシングがちょっぴり苦手?(笑)

Comment