『キツネは害獣』『子犬だと思ったら…』少女との絆が救った命

感動

子犬と間違われて保護されたキツネは、少女と強い友情の絆を結びました。通常は保護が許されない害獣ですが、キツネはこのままサンクチュアリで生涯を送り、大好きな少女と一緒に過ごすのです。

保護したキツネは「害獣」?

野生動物と人間の友情はおとぎ話の世界とは異なり、現実ではそう頻繁に起こることではありません。

オーストラリアにおいて害獣として扱われるキツネ。飼育したり野に放ったりすることは、法律で禁止されています。そのため傷ついたキツネを発見したとしても、そのまま放置するか命を奪う他方法ないのです。

出典:https://www.boredpanda.com/little-girls-bonds-with-a-rescue-fox-greenerpasturessanctuary/

キツネの『ファーギー』は、幼いときに独りぼっちでいるところを発見されました。発見者が子犬と間違えて野生動物保護活動家に引き渡したのです。この勘違いがファーギーの命を救うことになりました。

驚いたことに、キツネはすぐに少女『フェニックス』と大親友になったのです。

パースで活動する『Greener Pastures Sanctuary』の代表レイチェルさんは、こう説明してくれました。

「フェニックスは私の娘で、11歳です。このキツネを保護した初日から、お互いにすごく強い絆を結びましたね。ファーギーは毎日、娘を見ると大興奮します。娘のことを100%信頼しています。このキツネを抱いて運ぶことができるのは、彼女だけなのです」

出典:https://www.boredpanda.com/little-girls-bonds-with-a-rescue-fox-greenerpasturessanctuary/

「オーストラリアでは、害獣であるキツネを移動させたり許可なく飼育したり、治療したりするのは違法です。傷ついたキツネたちは、獣医の診察を受けることも、痛みを終わらせるため薬剤で安楽死させてもらうことも許されません。

だからファーギーも、その場に放置されるか、殺される運命でした。でも子犬と思われて保護されたことで、預かった野生動物保護活動家が私に連絡をくれたのです。初めてかわいらしいファーギーを見たとき、子犬と間違えられたのも無理はないと実感しましたね」

出典:https://www.boredpanda.com/little-girls-bonds-with-a-rescue-fox-greenerpasturessanctuary/

ファーギーを救うためレイチェルさんは自身の営む家畜動物のサンクチュアリで、このキツネを飼育することにしたのです。

「このサンクチュアリは家畜動物用なので、キツネを保護することになるとは夢にも思っていませんでした。動物を囲いの中で飼育するのは心苦しいのですが、それ以外にファーギーを救う手はありませんでした」

「だからキツネが狭い空間で退屈しないよう、工夫をしています。ほかに孤児で発見されたトビーというキツネもいて、2頭はよい友になっています。私たちもなるべく一緒に過ごし、元気づけるようにしています。できるだけ早く囲いを改良して拡大したいと考えているのですが、去年は獣医費用が莫大にかかったので予算がなく、もう少し我慢してもらわなければなりません」

出典:https://www.boredpanda.com/little-girls-bonds-with-a-rescue-fox-greenerpasturessanctuary/

フェニックスとファーギーは楽しい時間を過ごしています。この強い絆は、だれにも邪魔することはできないのです。

この投稿に寄せられたコメント

・キツネはすばらしい動物で、むしろ「害獣」なのは人間のほうです。ファーギーはとても美しいですね。私は農家出身だし、今ニワトリも飼っていますが、家畜がキツネの被害を受けないようにするのは人間の責任です。でも今後、ファーギーは飢えることもなく、少女に愛され続けていくのですから、すばらしいことですね
・すてきな話です。動物のサンクチュアリを運営するなんて、慈愛にあふれた方です。たしかにファーギーは子犬そっくりですね。キツネだとわかって、ずいぶん驚いたことでしょう
・すばらしい話を紹介してくれて、ありがとう
・子供と動物が結ぶ絆…これはみんなを幸福にしますね。思えば両親の離婚後、愛犬が私の唯一の友でした。子供の健全な成長に、動物との絆は重要です。他者を気遣う心が身につくし、共感や忍耐心、愛情も学べます。寄り添って気持ちを打ち明ける相手にもなってくれるし、辛いときも支えになってくれますね
・かわいいキツネだね。この子に一生の住処を与えてくれて、ありがとう
・これほど美しい動物が、害獣扱いされるなんて悲しいな
・私は南オーに住んでいて、近くをキツネが数頭うろついているのを見かけることがあります。キツネが農作物や家畜を襲うのは、彼らの責任ではありません。だから私はいつも餌を置いています。だってキツネにも、上質の生活を営む権利があるのですから

出典:https://www.boredpanda.com/little-girls-bonds-with-a-rescue-fox-greenerpasturessanctuary/

こんな記事も読まれています

「なんてお利口なの!」人間の仕事をお手伝いする犬の賢さに驚愕!!

「気持ちいい~♪」猫専用ドライヤーを満喫中の猫さんにほっこり♡

Comment