「若い犬が突然動かなくなった」緊急で駆けつけた先で見た光景は…

衰弱した犬 感動

ある日、『Animal Aid Unlimited』に「まだ若い犬が突然動けなくなった」との通報が…。すでにとても痩せて弱りきっていたわんこは、自分で立ち上がることさえできない状態。

それでも駆けつけてくれた救急隊員に穏やかな表情を向けてくれました。果たしてその原因は…?救うことができるのか…!

「突然体が動かなくなった」その原因は?

衰弱した犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=kvhgOBjGlyE

動物の救助活動を行っている『Animal Aid Unlimited』に「若い犬が動かなくなった」との通報が入りました。救急隊員が駆けつけると、そこには毛布をかけてもらい横になっている衰弱しきったわんこの姿があったのです。

頭を撫でてもらう

出典:https://www.youtube.com/watch?v=kvhgOBjGlyE

すでに自力で立ち上がることができないほど痩せ細り、衰弱している様子のわんこ。しかし、自分を助けにきてくれたと理解しているのでしょうか。救急隊員に穏やかな表情を向け、しっぽを振って喜びを表現してくれています。

「もしかして事故にでも遭ったのか」と考えられたものの、どうやら事故に遭ったわけではなく、食べ物を与えてくれていた近所の人の話によると、ある日突然食べなくなり立ち上がれない状態まで衰弱してしまったのだそうです。

毛布に包んで運ぶ

出典:https://www.youtube.com/watch?v=kvhgOBjGlyE

撫でてあげると気持ち良さそうに目を細める愛らしい性格を持つわんこ。どうにかして助けてあげたいですが、原因がわかりません。原因を突き止めるためにも施設へ連れていく必要があります。

救急隊員はより厚く暖かい毛布でわんこを包み込み、抱きかかえるようにして運びます。いったい何が原因で食べられなくなり、衰弱してしまったのでしょうか。

ジステンパー感染症であることが判明

ジステンパー感染症

出典:https://www.youtube.com/watch?v=kvhgOBjGlyE

施設に到着し検査をすると、鼻水からジステンパー感染症に罹っていることが判明しました。ジステンパー感染症は死亡率も高い非常に危険な感染症です。回復しても後遺症が残るケースが多いため、できる治療に早く取り掛からなければいけません。

この感染症は、呼吸器や消化器で二次感染を引き起こす危険性があります。その状態を防ぐために、まずは抗生物質を投与します。

ごはんを食べる犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=kvhgOBjGlyE

すると、5日後には食べ物を食べられるようにはなり、スタッフからも愛情を注がれ嬉しそうな表情を見せるわんこの姿が!7日後には理学療法を開始されましたが、まだこの時点では立つことができませんでした。

しかし、一命を取り留めることはできたようです。

徐々に回復しひとりで歩き出せるように!

回復したスパークル

出典:https://www.youtube.com/watch?v=kvhgOBjGlyE

その後、約1ヵ月ほどかけて治療が行われました。すると、徐々に体重も増え、体格が健康的な状態へと戻ってきたわんこは、とうとうひとりで歩き出せるまで回復したのです!

ジステンパー感染症は死亡率が高く、後遺症が残るケースも多いとされる感染症です。そんな感染症に打ち勝つことができたわんこは『スパークル』と名付けられ、今では元気に生活しています。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
掲載YouTubeチャンネル:Animal Aid Unlimited, India

こんな記事も読まれています

息子との記念日に子猫をレスキュー♡温かいエピソードに世界中から称賛の声集まる

【路上の獣医師】路上生活をする人の愛するペットを無償で診察をする獣医「Dr.クウェン」

衰弱した犬

Comment