崖下30メートルに転落した盲目の犬 4時間にわたる緊張の救出劇

感動

30メートルもの崖下に転落したのは、耳の不自由な愛犬。危険な斜面で救助隊が協力しながら4時間の大救出劇が行われたのです。

耳の不自由な愛犬が崖下に落下…

米国カリフォルニアで耳の聞こえないオーストラリアン・シェパード犬が、30メートルもの崖下に落下。しかし、救助隊の活躍で、無事に助け出すことができたのです。

出典:https://www.dailypaws.com/pet-news-entertainment/adoption-stories/rescuers-rappel-100-feet-save-deaf-australian-shepherd

動物保護団体『サンディエゴ・ヒューメイン・ソサエティ』によるとある午後、犬の『ホーボー(8歳)』は道路沿いの崖に滑り落ちてしまいました。この時、皮肉なことに飼い主家族は自宅敷地に塀を設置している最中だったのです。

同団体の担当者がホーボーの落ちた地点まで降りていきました。でも1人でこの犬を抱えて斜面を登るのは不可能。

そこで救急対応班に連絡し、崖のてっぺんまで来てもらい、そこから綱を犬のいる場所まで降ろすことにしました。そして根気よく藪や小枝を切り落とし、犬を安全に上まで引き上げられるようにしたのです。

やがて4時間後、ホーボーは崖上に引き上げられました。同団体は、次のようにFacebookに投稿しています。

月曜日の午後、耳の聞こえないワンちゃんが、崖から落ちるという恐怖の体験をしました。でも救急対応班の活躍で、安全に救助されました。

この犬は8歳のオーストラリアン・シェパードで、ホーボーという名前です。

自宅のあるソレント・バレー近くの崖で、30メートルほど下にすべり落ちてしまいました。このとき家族は敷地のまわりに塀を作っているところでした。最初に駆け付けた職員は崖を降りて犬を見つけましたが、犬を抱いて登っていくのは危険なので、救援を要請したものです。

そこで救急対応班が出動し、崖を降りるための綱を設置し、5人で枝などを切り落として救出路を確保し、助け上げることに成功しました。4時間かかりましたが、犬が家族の元に戻って、本当にほっとしました

30mもの崖下に落下したもののホーボーに大きな怪我はなく、無事救出されたとのことで一安心。家族はホーボーの安全のためにさまざまな工夫と準備を凝らすとのこと、もう二度と危険な目に遭うことはないでしょう!

出典:https://www.dailypaws.com/pet-news-entertainment/adoption-stories/rescuers-rappel-100-feet-save-deaf-australian-shepherd

こんな記事も読まれています

愛くるしくて愛おしい♡『片耳がないから…』と家族が決まらなかった子猫の幸せショットにみんなが胸キュン

育児放棄されたあまりにも小さい子猫。男性の懸命なお世話ですくすくと成長中

Comment