【防犯カメラ】飼い犬をフェンスから投げ捨てた男 極悪非道な行動に涙

悲しい

2022年12月、アメリカのカルフォルニア州にある携帯電話基地局の防犯カメラにある悍ましい映像が記録されていました。どこからともなくやってきた男は、飼い犬と見られるピットブルをゴミのように投げ捨てたのです。警察はこの残虐非道な男の行方を追っています。

残虐非道…人間の所業とは思えない!防犯カメラ映像

フェンス前の男と犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=NQMZEVtEwbo

2022年12月15日、アメリカのカルフォルニア州にある携帯電話基地局の防犯カメラには、悍ましい記録が残っていました。

ピットブルを投げ捨てる男

出典:https://www.youtube.com/watch?v=NQMZEVtEwbo

なんとどこからともなくやってきた男が隣にいた飼い犬と思われるピットブルを抱き上げ、まるでゴミを扱うかのようにフェンスの内側へと投げ捨てたのです。投げられた際、ピットブルの体はフェンスにぶつかり、金属の痛々しい音が辺りに響き渡ります。

ピットブルは投げ捨てていった飼い主の男の後ろ姿を物悲しそうに見送りますが、そんな様子を気に求めずに歩き去ってしまう男…人間の所業とは思えないほど残虐非道な行為です。

奇跡的に犬は生き残り、数時間後にやってきた整備士によって発見されました。その際、新鮮な水を与えられながらアニマルサービスへと連絡してもらったため、地元のシェルターで保護してもらうことに。

寂しそうに見送る犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=NQMZEVtEwbo

シェルターでマイクロチップをスキャンしたところ、飼い主情報が登録されているマイクロチップが埋め込まれていたことが判明!登録された情報を元にアニマルサービスの警察官が捜索しましたが、残念ながら登録された情報を辿っても男を見つけることができなかったそうです。

しかし、警察は諦めていません。「この男は映像に映っているような恐ろしい行為をした責任を問われなければいけません。現在、逮捕状の請求を進めています」とのこと。

保護されたピットブルはというと、『ケン』と新たな名前が贈られ、治療を受けながら愛情を注いでくれる素敵な里親さんを待っているとのことです。以前のひどい飼い主から立ち直り、素敵な家族に恵まれることを祈っています。

事件の動画はこちらからご覧いただけます。思わず目を逸らしたくなる痛ましい光景…視聴する際は十分ご注意ください。

 

こんな記事も読まれています

【私を選んで!】シェルターで突然抱きついて来た猫は男性が亡くした愛猫と『ある』共通点が…

迷子の犬を救ったのは「ソーセージをつけたドローン」だった

Comment