【感動】ネグレクトで心を閉ざした作業馬を救ったのは子犬の無邪気さだった

レミーとシャンパン 感動

長い月日、ネグレクトを受けていたところを救出された馬の『シャンパン』。人間に対する不信感が消えず、誰も信用できない状態だったシャンパンの心を救ってくれたのは、元気で明るい子犬のレミーだったのです。

ネグレクトによって閉ざした心が救われた瞬間

警戒するシャンパン

出典:https://cdn.jwplayer.com/previews/iqqMYLGi

長い間、ネグレクトを受けたことにより心を閉ざしてしまった作業馬の『シャンパン』は、救出された後もしばらくの間、誰にも心を開きませんでした。

人が来ては逃げ、怖がる様子を見せ続けるシャンパンを少しずつ治療しながらケアしていく毎日だったそう。

少しずつ環境に慣れてきた様子を見せているとはいえ、まだまだ人に対する不信感が消えていないシャンパンは、どこか寂しそうな様子を見せることも…。

子供は恐れないシャンパン

出典:https://cdn.jwplayer.com/previews/iqqMYLGi

しかし、そんなシャンパンの心を救う救世主が現れたのです。それは、地域の子どもたちがシャンパンのお手伝いにボランティアとしてやってきた日のこと。小さな子どもたちには怖がる様子を見せなかったことがきっかけでした。

子どもには大人ほど怖がる様子は見せず、甘えるような仕草を見せるシャンパンを見て、「もしかしたら」とあることを思いついたといいます。それは…?

レミーとシャンパン

出典:https://cdn.jwplayer.com/previews/iqqMYLGi

人間意外の存在、子犬の『レミー』にシャンパンのサポートをしてもらうこと!

実際、このアイディアはすぐに良い結果へと繋がりました。シャンパンは元気に明るく遊びまわるレミーの後を楽しそうに追いかけたり、一緒に過ごす間もリラックスした表情を見せたり…。

近寄ってくれるシャンパン

出典:https://cdn.jwplayer.com/previews/iqqMYLGi

そんな日々を過ごしていくうちに、周囲でお世話をしていた人々にも怖がる様子は見せなくなり、自分から近づいてきてくれるようになったのです!

どうやらレミーは楽しい遊び方や過ごし方をシャンパンにレクチャーしていたようで、何気ない時間を楽しめるようになると、シャンパンは時々レミーにそっくりな振る舞いを見せることもあったのだとか♡

永遠のお家

出典:https://cdn.jwplayer.com/previews/iqqMYLGi

こうして心も体も回復したシャンパンは、再び運搬用のトラックに乗車し、シャンパンを大切にお世話してくれる永遠の家族の元へとお引越しすることになりました!

現在は里親となったご家族のもとで、穏やかに幸せな暮らしを楽しんでいるそうです。

こんな記事も読まれています

”20年間”サーカスにとらわれたライオンは、人々の助けで自由を取り戻した

眼球が破裂した子猫達『諦めない』その意思が繋げた命

レミーとシャンパン