間一髪!ゴミ袋に詰め込み遺棄…圧縮機に押しつぶされる寸前で救助された子猫

悲しい

『ホッパー』と名付けられた子猫は、ウィリアム・モンテロ氏とジョン・ケイス氏の素晴らしいヒアリングにきっと感謝していることでしょう。

間一髪!ゴミ圧縮機のすぐそばに子猫が…

ニューヨークで働く2人の衛生作業員は、ゴミ袋に入れられた生後10週間の子猫がゴミ圧縮機に押しつぶされる寸前に救い出すことに成功しました。

出典:https://www.facebook.com/NoahsArkNY/posts/pfbid0PQap6J8gBZXGp2oebkuMfeKugd5vMTsfs5nxTAGAqnEaKKHtJr1rkd3LUJ9xGuD4l

ニューヨーク・デイリーニュースによれば、この2人のヒーロー、ウィリアム氏とジョン氏が月曜日にクイーンズ区でいつものように仕事をしていた時のこと。

つまり、捨てられたゴミ袋を拾って、トラックの荷台に放り込む作業を行っている時、彼らは“何か”を聞きました。

8つの袋と缶が2つほどありました。最初の2、3袋を放り込んだとき、ニャーという音が聞こえて、私は『どうかそれがおもちゃであってほしい』と言ったんです。さらに2、3袋を拾うと、またニャーという声がして…確かに中に子猫が入っていました。

オレンジ色の猫は、かろうじて生きていました。その小さな猫が入れられた袋は、トラックのホッパー(ゴミ収集員ができるだけ多くのゴミを集められるようにゴミを圧縮する機械)に押しつぶされそうになっていたのです。

「あのままでは、猫は間違いなく死んでいたでしょう…」と、ケイスさんはDaily Newsに語っています。

トラックが通過するとき、ホッパーには2,200 PSIのピストンがついています。後ろでボーリングの玉を割ったこともありますよ

私たちのヒーローは、子猫(今は『ホッパー』と名付けられている)に家族や友人が居なかったかどうかを確認するために、ひたすら残りのゴミ箱に目を通したといいます。

出典:https://www.facebook.com/NoahsArkNY/posts/pfbid0PQap6J8gBZXGp2oebkuMfeKugd5vMTsfs5nxTAGAqnEaKKHtJr1rkd3LUJ9xGuD4l

幸いという表現が適切かどうか…どうやら子猫は1匹だったようです。

段ボール箱の中を嫌がるホッパーを抱きかかえて、残りのルートを走りました。まもなく上司がホッパーを迎えに来て、『Noah’s Ark Animal Rescue』に連れて行ったことを報告されています。

動物病院での検査の結果、ホッパーは上気道炎と目の感染症にかかっていることがわかりました。Noah’s Ark Animal Rescueの創設者であるデニス・ホック氏は、ホッパーをリハビリして、最終的には新しい永住の地を見つけるつもりだとDaily Newsに語っています。

彼女は、猫の引き渡しに関して言えば、ペットを捨てるよりも良い選択肢が常にあることを強く訴えました。

「猫を袋に包んで殺そうとするだなんて、いったいどういう神経をしているのでしょう…」と、彼女。「いらないなら、誰かに電話してください。署に持って行ってください。保護施設はたくさんあります。なぜそんな恐ろしいことをするのか、意味がわからない」とも、語っています。

スーパーヒーローのおかげで救われた命。ホッパーはもう2度と傷つけられることも危険に晒されることもありません。

出典:https://www.dailypaws.com/pet-news-entertainment/adoption-stories/garbage-men-save-kitten-bound-for-trash

こんな記事も読まれています

おしゃれな帽子を手作り!カエルのファッション・ショーをご覧あれ

高く宙に浮いた風船を一撃で仕留める!!驚異のジャンプ力の「猫忍者」参上!