虹の橋を渡ったペットと家族のために 斬新で天才的なアイデアに依頼殺到

制作風景 感動

音楽作曲家であるNoam Oxmanさんは、亡くなった最愛のペットを讃える新たな方法はないかと模索した結果、斬新で素敵なアイデアを思いつきました。

Oxmanさんのそのアイディアは多くの飼い主の称賛を呼び、依頼が殺到しているといいます。

亡くなった最愛のペットを讃える曲を制作

制作風景

出典:https://www.thedodo.com/daily-dodo/composer-finds-the-sweetest-way-to-honor-the-memory-of-beloved-pets

音楽作曲家のNoam Oxmanさんは、虹の橋を渡ったペットとその家族のために最愛の家族を追悼する素敵なアイデアを生み出しました。飼い主さんからペットの生前の性格や暮らしぶりなどをヒアリングし、ペットのイメージに沿った楽曲を制作するという試みです。

音楽自体はもちろん、目でも楽しめるようにと制作された楽譜を見ると、姿が現れるというあまりにも素敵な工夫が施されているのです。

例えば、こちらは常連客の1人である飼い主さんの愛猫『チャビー・キャット』をイメージした楽曲の楽譜。

出典:https://youtu.be/RbK1Q_riyxA

よく見ると、楽譜に載っている音符が猫の姿を浮かび上がらせていることが分かります。もちろん、楽曲もチャビー・キャットをイメージした遊び心や温和な雰囲気を盛り込んだ素敵な曲に仕上がっているのです。

YouTubeには、チャビーの楽曲の他にフォクシーという名前の愛犬をイメージして作られた楽曲なども公開されています。こちらももちろん楽譜にはフォクシーの姿が。温かくゆったりとしたフォクシー自身の性格や暮らしぶりをイメージされているような曲調です。

出典:https://youtu.be/KQElMW03guI

このように、Oxmanさんは数多くの楽曲を亡くなったペットとその飼い主さんのために書き下ろしています。素晴らしいアイデアは多くの人々を魅了し、ペットと飼い主の絆を良き思い出として末長く残してくれることでしょう。

出典:https://www.thedodo.com/daily-dodo/composer-finds-the-sweetest-way-to-honor-the-memory-of-beloved-pets

こんな記事も読まれています

「決してここを動かない」ウクライナの猫カフェ店主の固い決意

保護犬たちの『衝撃ビフォーアフター』コンテストファイナリストの10頭がこちら

制作風景