『愛情だけではどうにもならない事もある』寄付箱に置き去りにされた美しい猫

寄付箱 悲しい

『the Humane Society』に設置されている寄付箱。多くの人々が保護された動物たちのために食べ物やおもちゃ、猫砂などのペット用品を寄付してくれるそうですが、この日、寄付されたものに混ざって鳴き声が聞こえてきたのです。

寄付箱から聞こえてきた奇妙な猫の鳴き声

寄付箱

出典:https://www.facebook.com/hswestmi/posts/736843794472084

西ミシガンにある『the Humane Society』は、シェルターの入り口に寄付箱を設置しています。日頃から訪問してくれた人々が保護された動物たちのためにおもちゃや食べ物、ペット用品などを寄付してくれるのです。

しかし、この日は様子が少し違いました。寄付するためにやってきた訪問者が寄付箱に近づくと、なんと寄付箱の中から「ニャー」と猫の鳴き声が聞こえたのです。

その方は慌てて協会に連絡、話を聞いたスタッフがすぐに駆けつけました。

置き去りにされた猫

出典:https://www.facebook.com/hswestmi/posts/736843794472084

スタッフが寄付箱の中を確認すると、寄付箱に押し込められるように猫が置き去りにされていたといいます。寄付箱に捨てられたというあまりにショッキングな出来事に、「今までこんなことなかったのに!」と、嘆いてしまうスタッフ…。

とりあえず猫を保護、動物病院へ連れて行くと、特に健康状態に問題点は見当たらなかったようです。さらに、被毛は美しく、しっかりご飯も食べていた様子で、初対面にもかかわらずスタッフさんたちに甘えて見せたといいます。

この様子を見て「前の飼い主さんによほど愛されていたのでは」と考えたスタッフたちは、愛情だけではどうにもならない事態に面し、the Humane Societyなら愛猫を救ってくれるのでは…と、苦渋の決断をしたことを察したそう。

この一件からthe Humane Societyは、ペットと引き離されなければいけない人々がいること、そしてそんな彼らに尊厳と敬意を持って丁寧に接することが重要であることを改めて実感したと語っています。

ベヨネッタ

出典:https://www.facebook.com/hswestmi/posts/736843794472084

この日、保護された猫さんは『ベヨネッタ』と名付けられ、すぐにシェルターの仲間入りを果たしました。元々愛情をたっぷり注がれていたベヨネッタは人懐っこく、スタッフたちに甘える様子をたくさん見せてくれているのだとか!

現在もベヨネッタは新たな家族を探しており、the Humane Societyで家族になってくれる人を待っているとのこと。これだけ人懐こく愛らしいベヨネッタは、すぐに新しい家族が見つかりそうですね!

出典:https://www.facebook.com/hswestmi/posts/736843794472084

こんな記事も読まれています

ギネス記録にあと1cm?『ニューヨークで1番大きな猫』は忠実で愛情も最大級のビッグボーイ!

「バリ島の犬は世界一」保護頭数 15年間で2000頭以上!野良犬のお世話を続ける女性

寄付箱