保護犬たちの『衝撃ビフォーアフター』コンテストファイナリストの10頭がこちら

感動

ネグレクト、飼育放棄…様々な事情によって適切なケアを受けられなかった保護犬たち。その幸せな変貌ぶりを競う『Wahl’s annual Dirty Dogs Contest』というユーモア溢れる温かいコンテストをご存知でしょうか。

優勝した保護犬の保護施設には賞金約136万円が贈られるのだとか。10頭のファイナリストが選ばれ、オンライン投票により優勝が決まるそう。保護施設から寄せられたそのビフォーアフターをご覧になってください!

1.保安官代理に見つけてもらったベントレー

https://www.dailypaws.com/pet-news-entertainment/adoption-stories/10-shelter-dogs-extreme-makeovers-dirty-dogs-contest

 

 

 

 

 

 

 

見る見るハンサムな紳士犬になったベントレー。言うまでもなくすぐに新しい家族として迎え入れられました。

2.過去最悪の(状態の)犬と言われたフリン

https://www.dailypaws.com/pet-news-entertainment/adoption-stories/10-shelter-dogs-extreme-makeovers-dirty-dogs-contest

 

 

 

 

 

 

 

フリンが見つかったのは、びしょぬれになっていた保護施設の箱の中。体重約1キロも無く、スタッフが頭としっぽの見分けがつかない程でした。骨折していた足の治療など何ヵ月ものケアを受け、現在は新しい生活を楽しんでいます。

3.トリマー泣かせの毛皮でした

https://www.dailypaws.com/pet-news-entertainment/adoption-stories/10-shelter-dogs-extreme-makeovers-dirty-dogs-contest

 

 

 

 

 

 

 

グルーミングなんてした事が無かったので、トリマーさんを怖がっていました。こんなにきれいにしてくれたのに、まだ怖いんです。グレイシーです。

4.新しい家族と共に

https://www.dailypaws.com/pet-news-entertainment/adoption-stories/10-shelter-dogs-extreme-makeovers-dirty-dogs-contest

 

 

 

 

 

 

 

ルイは、痩せ細ってノミがいる状態で保護されました。でも、彼はとてもやさしい性格なのですぐに新しい家族が見つかり、こんなに素敵になりました。

5.多くの人の手が彼をよみがえらせました

https://www.dailypaws.com/pet-news-entertainment/adoption-stories/10-shelter-dogs-extreme-makeovers-dirty-dogs-contest

 

 

 

 

 

 

 

数年間放置されていたので、まだ体調は完全に回復している訳ではありませんが、もうすぐ新しい家に帰れるはずです。名前はJD。

6.私はシーズーです

https://www.dailypaws.com/pet-news-entertainment/adoption-stories/10-shelter-dogs-extreme-makeovers-dirty-dogs-contest

 

 

 

 

 

 

 

ルナは、パピーミル(子犬工場)で何年も放置されていたので、誰もシーズーであることにさえ気が付きませんでした。暖かい家族に引き取られてからは、庭で走り回るのが大好きになっています。

7.ルーシーの明るい未来

https://www.dailypaws.com/pet-news-entertainment/adoption-stories/10-shelter-dogs-extreme-makeovers-dirty-dogs-contest

 

 

 

 

 

 

 

シェルターに到着する前は、痩せ衰えていましたが、スタッフと里親のお陰で病気も治り、楽しい毎日を送っています。

8.ひもに繋がれる生活になったけどそれでもずっと幸せ

https://www.dailypaws.com/pet-news-entertainment/adoption-stories/10-shelter-dogs-extreme-makeovers-dirty-dogs-contest

 

 

 

 

 

 

 

テネシー州の保護施設に他の37頭の犬達と一緒に保護されたゼン。ひどい皮膚病で痩せ衰えていた彼女ですが、今ではご覧の通りまるで別犬。リードを付けて歩く練習も学んでいます。

9.見事にダイエットに成功しました

https://www.dailypaws.com/pet-news-entertainment/adoption-stories/10-shelter-dogs-extreme-makeovers-dirty-dogs-contest

 

 

 

 

 

 

 

絡み合った毛を取り除いてみるとなんと体重が元の約半分に。今では最も甘いちちゃい男の子の名前はオティーです。

10.12時間の捜索後やっと見つかったジギー

https://www.dailypaws.com/pet-news-entertainment/adoption-stories/10-shelter-dogs-extreme-makeovers-dirty-dogs-contest

 

 

 

 

 

 

 

車に撥ねられ死亡していた犬の隣に座っていたジギー…。12時間後にやっと保護することが出来ましたが、彼女の毛にはロープが絡んでいたため、手入れをする為に鎮痛剤を使用せざる負えない状態でした。新しい生活に馴染めなかったジギーを助けてくれたのはバットマンという名前の犬でした。

ちなみに2022年のコンテスト優勝者は、『ゼン』だったそうですよ!外見が変わったからといって、彼らの辛い過去や経験が消えるわけではありませんが、本来の姿を取り戻した彼らにより多くの幸せが訪れることを願うばかりですね。

出典:https://www.dailypaws.com/pet-news-entertainment/adoption-stories/10-shelter-dogs-extreme-makeovers-dirty-dogs-contest

こんな記事も読まれています

二度も飼い主を”ガラガラヘビ”から救った忠犬「リーバ」

太っちょ猫が見つけた新しい家族は、ダイエットの成功者!