【季節外れの誕生】屋根裏から物音が…『生まれたての赤ちゃん』の正体がこちら

寄り添って眠るアライグマの赤ちゃん なるほど

「屋根裏から鳴き声や足音、物音がする」オンタリオ州にあるとある住宅から野生生物管理局に寄せられた1件の通報。早速調査をすると、そこには季節外れに生まれた赤ちゃんたちの姿が…。

季節外れの誕生?屋根裏で発見された生まれたての赤ちゃん

寄り添って眠るアライグマの赤ちゃん

出典:https://www.thedodo.com/daily-dodo/woman-hears-odd-chittering-in-ceiling-and-is-shocked-to-find-pile-of-babies

オンタリオ州スカーバローのとある住宅の住人が、寝室の屋根裏から奇妙な物音が聞こえてくることに気づきました。「ベッドの真上辺りからさえずるような声が聞こえる」と、野生生物管理局に連絡を入れたところ、早速スタッフが調査に駆けつけてくれたのです。

屋根裏の壁を切り裂いて中を確認すると、そこには皆で寄り添うように集まっている4匹の赤ちゃんの姿が…。

ボックスに移される

出典:https://www.thedodo.com/daily-dodo/woman-hears-odd-chittering-in-ceiling-and-is-shocked-to-find-pile-of-babies

その正体は、アライグマの赤ちゃん!スタッフによると、通常アライグマの出産時期は3月〜5月の間。そのため、2月にアライグマの赤ちゃんが発見されたことは予想外だったのだそう。

昨年1月にも、アライグマの赤ちゃんが発見された事例があったそうで、稀に時期尚早に生まれてきてしまうアライグマの赤ちゃんもいるのでしょう。

移動するアライグマの赤ちゃん

出典:https://www.thedodo.com/daily-dodo/woman-hears-odd-chittering-in-ceiling-and-is-shocked-to-find-pile-of-babies

こうして保護されたアライグマの赤ちゃんたちには、安全な場所で戻ってくる母アライグマを待つため、野生生物管理局の方々が用意した暖房機能付きのボックスが準備されました。

翌日、スタッフが確認した時にはすでに4匹全員が姿を消していたといいます。これは、お母さんがやってきて全ての赤ちゃんを連れて帰ったことを示しています。

無事にアライグマの赤ちゃんはお母さんと再会することができ、なおかつ屋根裏ではなく野生の中で適切な住処を見つけることができたはず。今回、このように適切な方法で野生へと還されたことは、アライグマの親子にとっても幸運なことだったといえるでしょう。

出典:https://www.thedodo.com/daily-dodo/woman-hears-odd-chittering-in-ceiling-and-is-shocked-to-find-pile-of-babies

こんな記事も読まれています

”猫がいつも飼い主のそばにいてくれる”画期的な発明品『ラブシート』とは?

瞳を持たない子猫『マペット』力強い声で生きるチャンスを掴む!

寄り添って眠るアライグマの赤ちゃん