誰にも心を開かなかった『渋い顔』の保護猫 その変化に感動

感動

セオドアは、ノース・フィラデルフィアの過酷なアウトドアに勇敢に立ち向かう野良猫として発見されました。渋い顔でシェルターに到着し、ずっと顔を俯かせて過ごしていたのです。

心を閉ざした保護猫『セオドア』

彼はシャットダウンされたかのように殆ど動かず、誰とも交流したくないと主張しました。

出典:https://www.lovemeow.com/cat-shy-everyone-change-trust-2659560537.html

野良猫救済のボランティアをしているリズさんは、そんなセオドアの行動を『恥ずかしがり屋』なのだと見抜き、一時預かりとして引き取ることを決意。

「彼は悲しくて落ち込んでいるようで、一人にされたいと願っているかのようでした。私が彼を迎えた最初の夜、私はすぐに彼がまったく攻撃的ではなく、ただ怖がっていることに気づきました」

出典:https://www.lovemeow.com/cat-shy-everyone-change-trust-2659560537.html

路上での生活は、セオドアにとって親切ではありませんでした。彼の体には平均的な骨がなく、安全で愛されていると感じる機会が必要でした.

「どれくらい外にいたかはわかりませんが、彼は人間との接触を知っているようです」

リズさんは、セオドアの顔、頭、背中を撫で、善意と愛があることを示しました。セオドアは愛に抵抗せず、すべてを受け入れるかのようにそこに立っていたといいます。

セオドアは毎日少しずつ進歩し、リズさんの腕の中でお腹を撫でられるようになりました。

出典:https://www.lovemeow.com/cat-shy-everyone-change-trust-2659560537.html

「彼はお腹をさすったり、後ろ足をマッサージさせたりします。彼はとても優しい子です」

セオドアがこれまでに悩まされてきたであろう歯の治療も受け、不快感なく食事をすることもできるようになりました。彼の好きな活動は、彼が信頼する人々に寄り添うこと。

出典:https://www.lovemeow.com/cat-shy-everyone-change-trust-2659560537.html

セオドアはいつも悲しい顔をしているかもしれませんが、里親に溶け込むと、彼は最も甘い男の子に変わるはずです。

彼が愛されていることを思い出すために無限の抱擁とキスを受けながら、一日中リラックスして居眠りできる静かで快適な里親の家で自信をつけ続けています。

「養子縁組の準備が整うまでにはまだ少し時間がかかりますが、抱きしめたくなる素晴らしい小さな仲間になると思います」

セオドアは彼の新しい人生を楽しんでおり、失った愛と抱擁を埋め合わせ、本来あるべき愛すべきテディベアになっています。

出典:https://www.lovemeow.com/cat-shy-everyone-change-trust-2659560537.html

こんな記事も読まれています

「メ・シ・よ・こ・せ!!」腹ペコすぎてお皿を投げちゃった柴犬まるちゃん

飼い主の心配をよそに絆を育んだ1匹と1羽の友情ストーリー