酷く怯える野良犬に幸せを… “2週間毎日” 通い続けて得ることができた信頼

感動

臆病な野良犬を発見した女性は、根気よく同じ場所に通い続け、信頼を得ることに尽力しました。家族になるため、根気よく愛情を注ぎ続けた心温まる物語。

酷く臆病な野良犬との出会い

「この野良犬はゴミだらけの狭い通路にいて、すごく怯えていました」と、語るアメリアさん。米国カリフォルニア州サクラメントで出会った野良犬は、お世話されている様子もなかったといいます。

出典:https://www.thedodo.com/videos/growling-street-puppy-falls-in-love-with-the-person-she-didnt-trust

そこで彼女はその場にしゃがみこみ、2時間ほど犬のそばに寄り添いました。痩せた野良犬は空腹だと考えられましたが、塀越しに食べ物を差し出し注意を引こうとしても、なかなか彼女に近づこうとはしません。

しかし、アメリアさんはこの犬をこのまま放置する気にはなれなかったのです。そこで、毎日同じ時間に犬を訪ね続けました。優しく話しかけながら、食べ物を与える日々が続き、やがて少しずつその関係性に変化が…。

出典:https://www.thedodo.com/videos/growling-street-puppy-falls-in-love-with-the-person-she-didnt-trust

柵ごしではあるものの、彼女の手から直接食べ物を食べることができたのです。

彼女に慣れてきたのか、徐々に本来の個性を見せ始めた野良犬。アメリアさんが大きく指を振ると、吠えながらしっぽを振ってその指を追いかけたり、ジャンプしたりして反応するように。やっとのことで、触れることもできるようになりました。

出典:https://www.thedodo.com/videos/growling-street-puppy-falls-in-love-with-the-person-she-didnt-trust

そこでアメリアさんは、この機を逃さず保護、自宅へと連れ帰ることに成功!車の中では怯えた様子を見せていたものの、「この人は自分のために力を尽くしてくれる」と、理解したようです。

抱っこされながら何度もキスされる元野良犬、名前は『マック』に決まりました。毎晩一緒に眠り、アメリアさんのそばにいたがる甘えっ子へ。

 

出典:https://www.thedodo.com/videos/growling-street-puppy-falls-in-love-with-the-person-she-didnt-trust

幼い頃から動物保護活動を続けてきたアメリアさんは、その経験を生かしてマックによい飼い主を見つけるつもりで保護したといいます。

「マックはもう私の愛犬だわ。どこにも行かない。世界で一番好きな子よ」

やがて一緒に転居したオレゴン州では、毎朝、たとえ雪の降る寒い日でもマックは庭を駆け回っています。

「この子は明るい性格で、すごく活発です。幸せそうに走る姿を見ると、うれしくなります。大事な家族だし、大親友なの。この犬のことが大好きです。あの時保護できた幸運に感謝しています」

出典:https://www.thedodo.com/videos/growling-street-puppy-falls-in-love-with-the-person-she-didnt-trust

こんな記事も読まれています

自分のベッドを「子猫」に奪われてしまった「わんこさん」小さなベッドに入る姿が切ない

余命2年と言われ保護施設で暮らしていた猫が最後に見つけた本当のおうち