助けを求めて彷徨っていた子犬たち 無事に保護された姿に安堵

感動

田舎道に置き去りにされた小さな子犬グループ。助けを求めて彷徨い続ける6頭の子犬を救え!

人気のない道を懸命に走り続ける子犬たち

カリフォルニア州カーン郡の田舎道に置き去りにされた子犬たちは、誰かが見つけてくれることを期待して、人気のない通りを彷徨っていました。景色を見渡すとブドウ園と果樹園が見えるものの、人間の姿は見えません。

出典:https://www.instagram.com/reel/CnaLhPiAll4/

保護団体 Bakersfield Strays が後にInstagramの投稿で「辺境の地」と表現したこの地域は、足が砂利を叩く音を除けば、不気味なほど静かだったのだそう。

Bakersfield Strays の一部であるレスキューグループ RAD Rescueのスタッフは、子犬のことを聞いてすぐに行動に移しました。子犬が自力で生きていけないのではないかと心配したのです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Bakersfield Strays(@bakersfieldstrays)がシェアした投稿

同団体のボランティアであるYesenia Giles氏は、「彼らが車に撥ねられたり、コヨーテの餌食になったりするのではないかと心配でした。しかし同時に、彼らを助けて戦うチャンスを与えたいという圧倒的な衝動も感じました」と、語っています。

出典:https://www.thedodo.com/daily-dodo/band-of-lost-puppies-run-down-road-looking-for-help

当初、子犬は人間の介入を警戒、近づくと逃げ出してしまったそう。しかし、Giles氏とレスキュー隊員のNatalie Arakel氏は動揺することなく、最終的にすべての子犬を捕まえて無事に連れ戻すことができました。

子犬たちはPups Without Bordersで保護されており、そこでたくさんの食べ物と水、適切な診察とケアを得ることができます。救助隊員たちは、子犬たちがシェルターでの生活にいかにうまく適応し、人間との関係をいかに早く再構築し始めたかに感激したといいます。

「救助以来、彼らは目覚ましい進歩を遂げました。(彼らは)シェルターでの生活にうまく適応し、人間を再び信頼することを学んでいます」

すべての子犬が愛する永遠の家を見つけるのにそう長くはかかりませんでした。最後に、彼らを決して見捨てない家族と一緒に安全になり、これらの子犬は彷徨う日々が永遠に終わったことを知って、安心して休むことができます。

出典:https://www.thedodo.com/daily-dodo/band-of-lost-puppies-run-down-road-looking-for-help

こんな記事も読まれています

『そーっと…そ〜っと…ナデナデ』鳥をポンポンと肉球で優しく撫でる猫さん

愛犬が雪山で『迷子犬』を発見!家族の元へ導いた生後9ヵ月のパピー『バンジョー』に称賛の声集まる