イラクの『難民猫クンクーシュ』5000キロ先の家族と奇跡の再会を果たす!

感動
スポンサーリンク

イラクで暮らしていた白猫のクンクーシュ。飼い主一家と共に難民としてイラクから脱出。しかし、混乱極まるギリシャへの脱出途中にパニックとなり一家と離れ離れに。しかし、その後、奇跡の再会を果たしたのです!

母国からの避難中家族と離れ離れになった猫

飼い主一家に愛され、イラクで暮らしていた白猫のクンクーシュ。ところが、国内で続く内政不安定から、一家は母国を捨て海外への逃亡を決意。

避難前の家族写真

出典:https://www.youtube.com/watch?v=05K-YUezBKA

避難民として、クンクーシュも一緒にボートピープルとなり、ギリシャの島へと向かいました。しかしながら、ボートが着岸した際の混乱状態の中、クンクーシュはパニックとなり一家と離れ離れになってしまいました。

離れ離れになった猫

出典:https://www.youtube.com/watch?v=05K-YUezBKA

数日後、近くの漁村で薄汚れたクンクーシュの姿が確認されました。地元住民はクンクーシュが“難民ネコ”だと判り、ボランティアの人々が飼い主探しを請け負いましたが、その時すでにクンクーシュの家族はその地を離れた後であり、彼らの行く先を知る人は誰もいませんでした。

クンクーシュ

出典:https://www.youtube.com/watch?v=05K-YUezBKA

猫の家族を探す

置き去りになったクンクーシュは、地元の猫たちから嫌がらせを受けていた為、ボランティアの手により動物病院へと移されました。

ボランティアの人々は、大変な危険を冒してまで連れてきた猫なら、その家族にとっては大切な家族であるはずだと里親探しはせず、SNSにクンクーシュのアカウントを開設し、飼い主探しを始めました。

ベルリンへ移送される猫

出典:https://www.youtube.com/watch?v=05K-YUezBKA

そんな中、見つかるまでの間クンクーシュを預かりたいと申し出た人が現れた為、クンクーシュはギリシャからベルリンへと移送されました。

猫の本当の家族から連絡が!

それから5週間が過ぎた頃、今はノルウェーに住むクンクーシュの家族からSNSを通じて待望の連絡があったのです!

家族は証拠として、イラクでクンクーシュと一緒に撮った写真を送り、まずはSkypeでクンクーシュとの対面を果たしました。それからクンクーシュは、再び機上の猫となりノルウェーへと向かいました。

猫の家族から連絡

出典:https://www.youtube.com/watch?v=05K-YUezBKA

家族と離れ離れになってから4ヶ月。5000キロを移動し、やっと家族の元へ辿り着いたクンクーシュ。家族との感動の再会は、世界中のメディアで放送されました。

感動の再会

出典:https://www.youtube.com/watch?v=05K-YUezBKA

出典:https://www.youtube.com/watch?v=05K-YUezBKA

そして世界が感動したこのお話は、後に絵本にもなり、人々が難民問題を考えるきっかけとなったのです。

動画はこちら↓

 

Comment