『ボクが世話を手伝います!』子犬をお迎えしたら近所の少年からこんな手紙が…素直な気持ちに胸キュン

近所の子供から届いた手紙 かわいい
@arthurthefloof
スポンサーリンク

ゴールデンレトリバーの子犬、アーサーのインスタグラムが話題です。というのも、近所の少年が書いた手紙と、その後のアーサーとの交流の様子が紹介され、これを見た人々を温かい気持ちにさせてくれたからです。アーサーにはすでに3万人のファンがいるほど人気です。

子犬のお世話をやらせてください

最近、1人の小学生トロイ君が、近所の家宛てに書いた手紙が「心温まる」と話題になっています。

少年は、かわいいゴールデンレトリバーの子犬が、近所に引き取られて来たので大興奮し、「犬の世話がいるのならやります!」と申し出る内容の手紙を出したのです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Arthur the Golden Boy 🐶(@arthurthefloof)がシェアした投稿

この内容が「素直でかわいい」と、ソーシャルメディアで評判になっています。

ある女性は「子供の純真な気持ち+犬の無垢な性格=天国の組み合わせ」と、的を得た感想を書き込んでいます。

子犬への愛情を素直に手紙に記す

 

この投稿をInstagramで見る

 

Arthur the Golden Boy 🐶(@arthurthefloof)がシェアした投稿

手紙には、こう書かれています。

「こんにちは、ご近所の方。ぼくはトロイといって、小学校4年生です。

このウィルス騒動が終わったら、もしかしたら、犬の世話係が必要じゃないですか?

もしそうなら、ぼくが散歩に連れていったり、ほかにもいろいろできます。」

子犬のアーサーのインスタグラムには、このかわいい手紙の写真が紹介されています。

説明には

「ぼくは今日、小さい人間の友達ができたよ。
その子は、ぼくと同じくらいの大きさだから、うちの人間たちより、たくさんおやつをくれるように仕向けられると思うんだ!」

とあります。

はじめて一緒に遊んだよ

このあとすぐ、トロイとアーサーは、初めて顔合わせをして一緒に遊びました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Arthur the Golden Boy 🐶(@arthurthefloof)がシェアした投稿

アーサーのインスタグラムによれば、

「きょうは、短い時間だったけど、小さな人間と一緒に、ちゃんと社会的距離を保ちながら遊んだよ。この子はほんとに小さいから、プライバシーの関係で写真は出せないけど、犬の友達の話や、ダンスまで披露してくれたんだ。きっといい仲間になれると思うな。」

と投稿されています。

インスタグラムには3万人のファン

もちろん、アーサーがいきなり有名になったのには、飼い主も驚いています。いきなりインスタグラムの閲覧数が増え、いまでは3万人以上のファンがいるほどです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Arthur the Golden Boy 🐶(@arthurthefloof)がシェアした投稿

「うちの人間たちは、ぼくとトロイが、きのうは記録的ヒットになったといってたよ。これでたくさん友達が増えてうれしいな。だれか余分におやつ持ってない?
ぼくは、このセレブリティの地位を祝って、死んだ小鳥を食べようとしたんだ。だって、うちの人間たちに大きな顔をさせると良くないからね。」

アーサーのインスタグラムに注目してくださいね。小さな友達について、これからもっと書き込みがあるかも。

出典:boredpanda.com

近所の子供から届いた手紙

Comment