犬の宅配員が登場!?コロナ禍で犬の幼稚園が閉鎖したので愛犬も一緒に出勤したら大反響!

FedExの犬 かわいい
@chorizo_cocoa
スポンサーリンク

コロナ禍でペットの託児所が閉鎖され、犬を家に残すか、仕事に連れていくかの選択を迫られたダニエルさん。上司の理解をえて、犬たちと一緒に配達業務を続けています。制服を着せてもらい、犬たちも張り切って仕事中です。

コロナ禍でペットは?

新型コロナウィルス禍の下で、たぶん多くの犬が「飼い主は、自分たちと過ごすために仕事をやめてくれた」と思っていることでしょう。

でも、必ずしもすべての犬がそう幸運だとはいえません。ペットの託児所は閉鎖されているうえ、社会的距離を保つことが求められているなかで、毎日仕事にでかけなければならない人々は、ペットを自宅に置き去りにするか、それとも連れていくかの厳しい決断を迫られます。

犬たちと一緒に配達へ

この選択を迫られたフェデックス社の配達員ダニエル・ナーバさんは、2匹の子犬を一緒に車に乗せていくことにしたのです。

これを、犬が気に入ったのはもちろんですが、インターネットでも爆発的なヒットになりました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Chorizo&Cocoa💙💕(@chorizo_cocoa)がシェアした投稿

ダニエルさんは生後8週間から、犬たちを育てています。

「いつもダックスフンドを引き取りたいと思っていたのですが、この地域では見当たらなかったんです。

それが、ある日『子犬売ります』という人がいて、その機会に買うことにしました。それがチョリーゾです。ココアは、義母の友人の犬から生まれた子犬です。

だから2匹はきょうだいではないのですが、とても仲がいいんです」

とダニエルさん。

パンデミックの前は、2歳半のチョリーゾと2歳のココアは、飼い主が働いている間、ペットの託児所に預けられていました。

でも、ウィルスの広がりを懸念して施設が閉鎖されたため、2匹をバンに乗せて配達業務を一緒にやることにしたのです。

上司も理解してくれ犬たちは大喜び

「はじめて2匹を載せて仕事をしたのは、クリスマス・イブでした。そのとき、なぜ託児所に連れて行かなかったのかは覚えていません。
でも、今回のコロナ騒ぎで、また一緒に乗せて配達しようと決めたのです」

彼はいつも1人で仕事をしますが、上司は彼が従順な犬を連れていくことに反対しませんでした。

「上司は安全運転できるならよいと言ってくれて、今回の状況にも理解があったのです」

そして大事なことは、犬も飼い主が連れて行ってくれる冒険を喜んでいるという点です。

「犬たちは幸せです。いろいろな人に会うのが好きだし、配達先の人々も、犬と一緒にいくと、喜んでくれます」

とダニエルさん。

犬たちは道中とても「おりこうさん」にしているので、お手製のフェデックス社の制服を着せてもらいました。立派に見えるでしょ?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Chorizo&Cocoa💙💕(@chorizo_cocoa)がシェアした投稿

この内容を見た人々の反応は、どれも肯定的。「すごい! 本当にプロの配達員みたい。フェデックス社が協力的なのがうれしい」「犬たちが一緒にいて、人間のパパを精神的にも支えているのがすてき」「もう託児所には戻りたくなくなるだろうね」などです。

出典:boredpanda.com

FedExの犬

Comment