学校のセラピー犬が『名誉博士号』を取得!たくさんの学生を支えたワンちゃんの功績

博士を取得した犬 感動
@https://vtnews.vt.edu/
スポンサーリンク

長年にわたって、悩み多き学生たちをセラピー犬として支援してきた功績を認められ、このほど8歳のラブラドール・レトリバーが、名誉博士号を授与されました。ムースは自らも、がんの治療中にもかかわらず元気な姿で学生たちのセラピーに取り組み、大学で学ぶ未来の獣医たちをサポートしています。

2014年からセラピー犬に

長年にわたって、悩み多き学生達をセラピー犬として支援してきた功績を認められ、このほど8歳のラブラドール・レトリバーが、名誉博士号を授与されました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Virginia Tech(@virginia.tech)がシェアした投稿

そしてもちろん、少しばかりのおやつも一緒に。

ムースは2014年以来、獣医学科のクック相談センターで働いています。この間、7500人以上の学生との面接に参加してきました。

5月15日に行われたオンライン卒業式で、彼に正式に学位が認可されました。もちろん、このときはおとなしくさせるために、おやつもたっぷりもらったのですが。

ムースは4匹いるセラピー犬のうちの1匹で、犬たちはバージニア工科大学の「メンタルヘルス大使」として、悩みやトラウマを抱えた学生を支援しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Virginia Tech(@virginia.tech)がシェアした投稿

ムースは、みんなの士気を高めるため、サッカーの試合に出場したり、イベントに参加することもあるのです。

「受け入れられている」安心感が強み

ムースの飼い主のトレント・デイビスさんは、認定カウンセラーであり、大学のアニマル・セラピー・プログラムの創始者でもあります。

「人間関係や犬との関係で、あまり良い体験をしてこなかった人々がいます。こういう人たちにも、ムースは安心感を抱かせる力があるのです。

学生たちは、ムースを見て『受け入れられている』と感じます。ムースは人を価値判断しないのです。」

ムースは、2019年にも、バージニア動物医療組合から動物英雄賞を授与されています。

がん治療中もセラピーに参加

でも実は彼自身、前立腺がんと闘病中なのです。血尿があった後で検査したところ今年2月、誕生日のわずか1週間後に病気がわかりました。

その後は、放射線治療や化学療法を受けていますが、治療中も、元気よくセラピーに参加してきました。

イメージを変えた、ムースの活動

ムースの活動は、メンタルヘルスの治療に関する暗いイメージを打ち壊してきたと評価されています。

デイビスさんはいいます。

「獣医は残念なことに、とても大変な職業なんです。自殺率は高いし、仕事の性質上嫌なことも多い。ムースは学生やスタッフを助けてきたし、ムースのおかげで、この状況が周囲からも理解されるようになってきました。」

「人は、しばしばムースの頭をなでたりしているうちに、突然しゃがみこんで、赤ちゃん声で話しかけます。

だから、『犬のセラピーって、どうやるの?』と聞かれると、『初めてお会いしたのに、もうあなたは、すぐ側にしゃがみこんで犬をなでながら、人生の意味について話しているじゃないですか』と答えるんです。」

学生生活を支える活動をする一方で、ムースは水泳や綱引き、おいしいごはんが大好きです。博士を取得できたムースはこれからもたくさんの学生の心を癒していくのでしょう。

出典:unilad.co.uk

博士を取得した犬

Comment