お医者さんに命を助けてもらった猫は動物病院で【看護猫】として活躍中!

感動
@oaksvetcare
スポンサーリンク

大けがをして保護され、動物病院で暮らすようになった猫。一時は下半身が麻痺していましたが、治療と看護のお陰で、歩けるようになりました。いま、この猫フェルギュスは、毎日、他の動物たちの看護のお手伝いをしながら、病院スタッフに恩返しをしています。

大けがで下半身麻痺の猫!歩行は困難?

ある日、背骨に大けがをした茶白柄の猫が、カリフォルニア・アゴーラヒルのオークス救急動物病院に運ばれてきました。

「背中の下半分が麻痺していたんです」と、レイチェル・ウォラック医師は語ります。

「この猫を、わたしたちはフェルギュス(愛称フェルグ)と呼んでいます。私が診察したとき、フェルグは驚いたことに、後ろ足としっぽに感覚が残っていたんです。

もちろん、しっぽや足を動かす事は出来ませんでしたが、そこをつつくと触られたのが分かるようで、うまく回復すれば、歩いたり自力で排泄したりできるチャンスがあると判断したのです。」

そこで病院のスタッフたちは、治癒までは相当長い道のりだとわかっていても、猫を助けることに賭けました。

「この猫はスコティッシュ・フォールド種なので、スコットランドの名前がいいなと思いました。わたしはスコットランドで獣医の勉強をしたので、現地で『力強い男』という意味の『フェルギュス』と名付けたのです。」

病院では、痛み止め処置と尿管感染の治療を行いました。

フェルグが少しずつ感覚を取り戻すたびに、スタッフは大喜びでした。そして数週間前、はじめて4本脚で立ち上がることができたのです。

「私たちの献身的な治療のせい、と言いたい所ですが、そうではありません。フェルグは別の猫の友達に会いたかったのです。」

犬やコガモ、子猫の世話を担当

病院で暮らす猫のサルバドールは、当初からフェルグの存在に気づいていました。お互いにニャーンと鳴いて、離れた場所から言葉を交わしていたのです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Oaks Veterinary Urgent Care(@oaksvetcare)がシェアした投稿

「そこで、フェルグのケージの正面に椅子をおいてみたところ、サルバドールは跳びのって、『ニャーン(こんにちは)』とあいさつをしました。これを見たフェルグもすぐに自力で立ち上がったのです。みんな大興奮でしたよ。」

自由に歩き回れるようになると、フェルグは院内のあちこちを探検し、新しい友達に出会うようにもなりました。

「熱中症で入院中の犬に出会ったときは、その日中、犬と一緒に過ごしていました。」

とレイチェルさんは言います。孤児になったコガモを預かったときは、優しいフェルグが駆け寄ってきて、そばにいて慰めてあげたのです。寝たきりでなくなったフェルグには、特別な看護の才能があったのです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Oaks Veterinary Urgent Care(@oaksvetcare)がシェアした投稿


レイチェルさんは続けます。

「フェルグは、やってきた動物を優しく舐めて、『面倒を見るから大丈夫だよ』と安心させるのです。わたしの誕生日の前夜、昔の同僚から電話があり、10匹の子猫が路頭に迷っていると連絡してきました。」

うち1匹はひどい状態で、相当な治療が必要でした。子猫たちに貰い手が見つかった時、その猫だけが残されてしまいました。

でも、フェルグはまるで看護婦のように、手厚く子猫の面倒を見たのです。

猫たちの回復に貢献して、病院スタッフに恩返し

別のスカイウォーカーという名の子猫は、道端で瀕死の状態で見つかりました。

「路上生活で消耗しきっていたのでしょう。手厚い治療をしても、元気に成長しませんでした。ノミ退治をして、子猫が特に消化機能に問題がないことがわかったので、子猫に里親をつけることにしたのです。」

その里親がフェルグです。里親の庇護のもと、スカイウォーカーは、たちまち元気を回復して、餌を摂るようになりました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Oaks Veterinary Urgent Care(@oaksvetcare)がシェアした投稿

苦労の多いスタートを切りましたが、子猫の一生は、ここで大きな前進を果たしたのです。
フェルグは、子猫が健康を回復できるよう、いつも一緒にいてよく面倒をみており、子猫はたちまち若い立派な猫に育っていきました。

最近、茶色猫のオリバーが、怪我で病院に担ぎ込まれ、尻尾を切断しなくてはならないことになりました。

勇敢なこの猫は、手術の翌朝には回復して、普段どおりミャオミャオと鳴いていました。病院のスタッフは、この猫の世話にぴったりな看護師は、フェルグだと考えたのです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Oaks Veterinary Urgent Care(@oaksvetcare)がシェアした投稿

猫同士を引き合わせた途端、オリバーはすぐにフェルグの腕に寄り添い、お互いに抱き合って眠り始めたのでした。

フェルグはこうして、新しい患者を担当することになりました。この猫は、とても真剣に自分の仕事に取り組んでいるのですよ。

優しいフェルグは、病院に来た動物と出会うといつも、スタッフのもとに連れていって、なんとか手伝おうとします。

スタッフのみんなは、彼に歩けるようになるチャンスを与えたのですが、いまや彼は、こうして手伝うことで、スタッフに立派に恩返しをしているのですね。

この話題を、ぜひお友達にも教えてあげてください。
フェルグと救急動物病院のその後は、フェイスブック(https://www.facebook.com/oaksvetcare)やインスタグラム(https://www.instagram.com/oaksvetcare/)でもご覧になれます。

出典:lovemeow.com

Comment