【僕は負けないよ!】生きたいという気持ちで次々と立ちはだかる困難に打ち勝った小さな猫戦士『テート』

感動
@tater_gonna_tate
スポンサーリンク

長い道のりを乗り越え、永遠のお家を見つけた小さな戦士『テート』の物語。

生後数週間で保護された小さな子猫

フィラデルフィアを拠点として保護活動を行うKitkat Playroomの創設者、ジェン・マックさんは地元の避難所に住むケアが必要な子猫について連絡を受けました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tater(@tater_gonna_tate)がシェアした投稿


路上を一匹で彷徨っているところを保護された多指症の子猫は、『生きたい』という強い意思を持っていたといいます。

数日後に発覚した水頭症

ジェンさんが子猫を保護して数日ほど経ったとき、頭部に異変を感じレッドバンク獣医病院で神経科医を受診したところ水頭症を患っていることが判明。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tater(@tater_gonna_tate)がシェアした投稿


そして生後9週間頃に命を救うための脳外科手術を受ける運びとなったのです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tater(@tater_gonna_tate)がシェアした投稿


この小さな戦士は”手術の直後に大胆に動き回って、チャンプのように食事をしていた”と、ジェンさんは当時について語ります。

そしてそれから数ヶ月に渡り、小さな戦士は様々な困難を強く逞しく乗り越えてみせました。

立派に成長した戦士『テート』

テートと名付けられた小さな戦士は、すべての人を驚かせるほどの回復力を見せたと同時に保護主であるジェンさんの心を掴み離しませんでした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tater(@tater_gonna_tate)がシェアした投稿


永遠のお家を見つけたテートは、改めて家族となったジェンさんを心から愛しています。常にジェンさんのハグを求めすべてに関与したいとアピールします。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tater(@tater_gonna_tate)がシェアした投稿


甘えん坊なテートですが一家のボスとしてジェンさんを見守り、時には里子を監督することもあるといいます。テートの素晴らしく愛らしい日々をInstagramからチェックしてくださいね!

Comment