悲しい

悲しい

「冷蔵庫に遺体」があるほどの劣悪な環境!60頭以上の犬たちを飼育崩壊現場から救出

アメリカ・テネシー州の多頭飼育崩壊の家に、警察の家宅捜索がはいります。動物愛護団体The Humane Society of the United States (HSUS) が同行し、60頭以上の犬と動物たちを保護しますがそこには想像を絶...
悲しい

「犬がいたら子供を育てられない」愛犬を”勝手に捨てた”家族に非難の声が多数

自分の留守に愛犬を捨てた身重の妹を追い出して家族から非難された女性がSNSに投稿しメンバーの意見を聞いた。この記事では怒りのコントロールについてカウンセラーの意見も紹介している。 パートナーと愛犬ならどっちを選ぶ? 最近の調査で判明した...
悲しい

”20年間”行方不明だった猫が【死の直前】に飼い主と再会を果たす

20年前に行方不明になった2歳の愛猫が、弱った体で発見されました。マイクロチップのお陰で飼い主と再会を果たしますが、残念ながら一緒に過ごしたのは2日間だけ。猫は虹の橋を渡りました。 行方不明になった愛猫 20年間行方不明になっていた猫が...
悲しい

大ケガをして【3本足】になっても元気に走り回る犬の姿に胸が熱くなる

保護されたとき、後ろ足に大ケガを負っていた犬。骨折をしていたため手術をするも、骨髄炎で断脚することに...。それでも活き活きと今を生きる犬の姿をご覧ください。 足を失っても命の輝きは失われない どういう状況で保護されたのか経緯は...
悲しい

【後編】コロナ禍で失業と不幸が重なりペットを飼えなくなってしまった…その行方は

コロナ禍で失業やさまざまな不幸が重なったことで、ペットを飼えなくなってしまった飼い主さんのお父様からのご相談。相談の結果、この家で飼われていた7匹の猫と1匹の犬は『にゃいるどはーと』さんで引き取ることになりました。今回は、保護時の様子をご紹...
なるほど

保護した猫たちを”山へ帰せない理由”とは?そして不幸は続いてしまう…

大阪で保護猫シェルターを運営しているhibinecoさん。日々多くの猫を保護したり、必要な治療を受けさせてTNR活動を行ったりしています。2018年4月、ボランティア繋がりの知人から山にいる4匹の猫たちのTNRを相談されたhibinecoさ...
悲しい

台風が直撃し町がめちゃくちゃに!残された犬たちを救助に向かうと…

フィリピンのある町を大型の台風が直撃しました。多くの住人は避難を余儀なくされ、中には飼い犬を置いていかなくてはいけない事態に陥った人も…。今回紹介する映像は、台風が過ぎ去った後、多くの飼い主が愛犬の救助活動を依頼した時の動画です。 大型台...
悲しい

大怪我をして安楽死を待つだけの『世界一悲しい猫』”ベンベン”絶望からの開放

大怪我をした状態で収容されてしまった猫は、安楽死の宣告を受けていました。そんな絶望しかない猫に幸運の女神との出会いが訪れました。 安楽死を待つしかなかった猫ベンベン 恐らく世界で最も悲しい猫の”ベンベン”は、シェルターで安楽死(殺処分)...
悲しい

1年以上もかけて馴らして保護した野良猫の悲しい現実。最期の最期で愛情を知った猫

14ヶ月もかけて野良猫に餌をあげ続けて信頼関係を築き、猫を保護した女性は、すぐに動物病院に連れて行きました。そこで待っていたのは悲しい現実でした。 ホームレス猫との出会い ブロンディという呼ばれている猫は、デパートの近くの行きどまりの道...
悲しい

ウクライナの戦乱の中でペットたちはどうしてる?動物たちの避難の実情

ロシアの侵攻によって戦禍に苦しむウクライナの人々。ペットや動物園にいる動物たちも同様です。ペットは飼い主にとって大事な家族。家が破壊されても決して離れることなく、たがいの心を支え合っています。 戦禍のキーウで、猫を抱いて歩く女性を撮影 ...