悲しい

悲しい

1年以上もかけて馴らして保護した野良猫の悲しい現実。最期の最期で愛情を知った猫

14ヶ月もかけて野良猫に餌をあげ続けて信頼関係を築き、猫を保護した女性は、すぐに動物病院に連れて行きました。そこで待っていたのは悲しい現実でした。 ホームレス猫との出会い ブロンディという呼ばれている猫は、デパートの近くの行きどまりの道...
悲しい

ウクライナの戦乱の中でペットたちはどうしてる?動物たちの避難の実情

ロシアの侵攻によって戦禍に苦しむウクライナの人々。ペットや動物園にいる動物たちも同様です。ペットは飼い主にとって大事な家族。家が破壊されても決して離れることなく、たがいの心を支え合っています。 戦禍のキーウで、猫を抱いて歩く女性を撮影 ...
悲しい

「すみかを奪われ…」ウクライナ侵攻から逃れるため防空壕に避難した猫たち

ロシア軍の侵攻で避難を余儀なくされたウクライナの人々。ペットを連れて防空壕(シェルター)に逃れる人々もいます。この国には日常の幸せを奪われたペットが無数いるのです。 猫のクーシャは家族が大好き 「こんニャちは。わたしはクーシャ。...
悲しい

【悲報】大事に育てた蝶を庭に放った直後…愛犬がパクリと食べた!少年は大ショック

3歳の男の子が数週間かけて毛虫から大事に育てた蝶。庭に放って自由にさせた瞬間、愛犬が蝶をパクリと食べてしまいました。少年もビデオ撮影していた父親も、これには大ショックでした。 毛虫から育てた蝶 3歳のロニー・セダンくんは大ショッ...
悲しい

母猫と一緒に【電車にひかれ】瀕死の子猫はママの分まで幸せに生きる!

福井の譲渡型保護猫カフェ『しあわせにゃん家』さんの閉店間際に1本の電話。「母猫が電車にひかれて亡くなっている、母猫の横には動かない子猫も...助けてもらえませんか?」泣きながら話す声にいてもたってもいられなく、すぐに現場に向かいます。 亡...
悲しい

何を感じますか?「ウクライナの大都市シェルター」に男性と避難する猫

現在、ロシアに侵攻され、多くの犠牲者を出しているウクライナ。罪もない人々が日々負傷し、死者を大勢出しています。そのウクライナから届いたある1枚の画像が添付された投稿に、多くの人がコメントを寄せています。 この現状に、猫は何を思う ウクラ...
悲しい

戦時下のウクライナで「子犬に与えられた役割」とは?兵士に保護された塹壕犬のランボー

戦闘が続くウクライナで、塹壕周辺を警戒して回る子犬がいます。兵士たちに保護された犬で、その鋭い聴力を生かして異変を感じ取っているのです。子犬はかわいいしぐさで兵士たちに安らぎをも与えています。 兵士たちに保護された子犬 ロシアのウクライ...
悲しい

【驚愕】動物愛護センターは野良猫の命を助けるって”誤解”してませんか?連れて行く前に知りたいこと

下関動物愛護管理センターに収容された犬猫の命を救う活動を行う『ディ・アンク』。負傷した猫を見つけても、愛護(管理)センターに通報すると駆除されてしまうと警報を鳴らしています。 多くの人が勘違いをしている もし、目の前に病気やケガ...
悲しい

殺処分を望まれ捨てられた?羊水で濡れ”へその緒”が付いたままの子猫が遺棄される

シェルターの前に、子猫たちが遺棄されていました。 捨てられた3匹の生まれたての子猫 ある日、カリフォルニア州ロサンゼルスのシェルター外に子猫3匹が遺棄されていました。子猫たちは、産まれて間がなく、へその緒が付き、羊水で濡れた状態...
悲しい

『子猫が子猫を産む』という悲劇!生後半年でママになった子猫と子供たちを保護

今回、埼玉県で保護猫活動をしているNPO法人の『にゃいるどはーと』さんの元にやってきた依頼は、なんと家のベランダで子猫が子猫を出産してしまったという連絡でした。どこからかやってきた小さな子猫が、7匹の子猫を出産してしまうという壮絶な状況に駆...