悲しい

悲しい

独りぼっちで逝かせたくない。命の灯火が消える最期の夜、愛されてきたことを伝える女性と犬のストーリーに涙が止まらない

その犬は、独りぼっちで彷徨っていました。保護された時にはすでに命の灯が消えかかっていました。 生きることを諦めた犬 スペランザ・アニマル・レスキューの創設者のグイドさんは、最初に彼の目に気が付いたと言います。 「彼はもう疲れ果てて、も...