『宅配ボックス』に届いた荷物を確認した結果…絶望感たっぷりの箱の状態に1159万表示「シンデレラフィット」「破壊するしかないw」

話題

インターネット通販での買い物に便利な宅配ボックス。しかし、時には思わぬトラブルで荷物の受け取りを困難にさせてしまうようです!

宅配ボックスから取り出したいのにビクともしない荷物の光景がX(旧Twitter)に投稿されると、1159万回以上表示され、5.9万件を超えるいいね!と驚きの声が上がりました。

宅配ボックスいっぱいに詰め込まれた荷物

宅配ボックスは、自宅を不在にしている時に荷物の配達があっても、そこに入れておいてもらえれば後で受け取ることができる便利なアイテム。荷物を盗まれることもなく、再配達の依頼も必要としないため、大いに有効活用したいものです。

しかし、投稿主さんがいつものように宅配ボックスを利用しようとしたところ、この日は思わぬ光景を目にすることになりました。自宅宛てに届いていた荷物を取り出そうと、宅配ボックスを開けてみると…そこにはなんと、宅配ボックスの内部スペースいっぱいに詰め込まれた1つの段ボール箱が!

あれ?荷物の様子がおかしいぞ…!

どう見てもギチギチ…!

注文した荷物自体が大きめの箱に収められていたというのも原因のようではありますが、それにしても宅配ボックスに「ぴったりすぎる」状態で入っていることに、思わず絶句するほかありません。大きいサイズを入れることができる宅配ボックスもあったのですが、この時はなぜか使われていませんでした。

段ボール箱の周囲に隙間がなければ、手を差し入れて荷物を引き出すことが叶わず…。宅配ボックスに荷物の箱を押し込む分には問題なかったのでしょうが、取り出すには難しい状況に、投稿主さんは困り果ててしまったようです。

全然取れる気配もなく絶望…

宅配ボックスに収められた荷物の周囲は、投稿主さんの4歳の息子さんの指先すら入りません。縦も横もまさにぎちぎち…。

幼い息子さんの指すら入らないレベル

反対側も余裕はない…

ちょうど通販サイトの「Amazon」から来ていた荷物だったこともあり、段ボール箱の側面に描かれたニッコリと笑っているような口のマークが、まるで「簡単には取らせないぜ、あっかんべー」といじわるを言っているような気分にもなってしまいます。

上部もこんなにぴったり…ニッコリマークが辛い

投稿主さん曰く、同じマンションに住む男性が見かねて手助けをしようとしてくれたそうですが、その男性の力をもってしてもビクともしなかったそう。何とか箱の上部を少し破ってわずかな隙間はできたものの、そのまま荷物を引っ張り出すことはどうやっても難しい状況でした。

取り出そうと奮闘した名残り

救世主が続々と出現!荷物の行く末は?

自分たちだけではどうすることもできなかった投稿主さんは、「どうしたらいいんだ…うわあああああああああ」と悩ましさを盛大に伝える言葉とともに、荷物の状況を写真に撮ってXに投稿しました。

すると、ありがたいことにたくさんの人から続々と解決策が!パンチして穴を開ける、カッターで箱を切る、ガムテープを輪っかにして貼り付けてから引っ張り出す…などの多くの意見が寄せられ、最も現実的なプランと思われたカッター作戦を試してみることに。

段ボール箱の中央を縦に切ると、見事に中身を取り出すことに成功!後は中身が空となった段ボール箱を潰すことで、無事に宅配ボックスの内部を空けることができたそうです。

カッター作戦を決行!

中身を取り出せたー!

それにしても、本来は荷物の受け取りを楽にするはずの宅配ボックスで、ここまで苦労するはめになるとは…。写真に少しだけ写るその姿からは、投稿主さんのとてつもない疲労感が伝わってくるようです。

お疲れさまでした…!

この投稿には、解決に向けた提案のほか、『わっ♪シンデレラフィット♪じゃないんだよ(笑)』『宅配ボックスだとこんなこともあるのか』『抜けなくて、ニヤリと笑っている箱に無性に腹が立ちますねwww』といった、宅配ボックスを巡る意外なトラブルに驚く声もたくさん寄せられました。疲れ切った投稿主さんではありましたが、たくさんの人たちから解決策やアドバイスも多くもらい、感謝しきりだったそうです!

投稿主さん、この度はご協力いただき誠にありがとうございました!

写真・動画提供:Xアカウント「藁にもすがるクッカ 👦🏻4y」さま
執筆:orion
編集:もふたん編集部
※本記事は投稿者さまの許可を得て掲載しております。

こんな記事も読まれています

1歳8ヶ月の男の子が『歯医者』にいった結果…好奇心旺盛に設備を観察する姿が可愛すぎると357万表示「飽くなき探究心」「体勢がいいw」

軽快に回し車で遊ぶ『チンチラ』…突如見せてくれた行動が可愛すぎると221万再生を記録「神ファンサ」「手の動きたまらん」